ビデオリサーチインタラクティブ調べ

PCでのSVOD利用、NetflixやAmazonプライムビデオ効果はほとんど見られず

編集部:小澤貴信
2015年11月12日
ビデオリサーチインタラクティブは、定額制動画配信サービス(SVOD)、およびSVODを含めた動画配信サイトの利用状況について、PCからのアクセスについて発表した。

SVODを含めた主な動画配信サイト全体の月間推定訪問者数の推移は2014年10月以降、2,000万人〜2,200万人の範囲で推移している。

動画配信全体の月間推定訪問者数・平均滞在時間


SVODの月間推定訪問者数・平均滞在時間
また訪問者一人当たりの月間での平均滞在時間は、3時間半前後で安定して推移している。

SVODの推定訪問者数は、2015年2月〜4月を除き、150万人強の規模。2015年9月には過去13ヶ月間で最も多い188万人を記録した。Netflixの効果があったものと考えられる。ただしSVODの訪問者数は、10月には166万台に下がり、それまでの平均値程度に落ち込んだ。少なくともPCからの利用に限定すると、NetflixやAmazonプライムビデオなどの新サービスの効果は持続しておらず、利用者増に結びついていないことが読み取れる。

2015年10月度のアクセス状況をみると、平均滞在時間はSVOD(26分)と比較して、動画配信サイト全体(3時間28分)の方が長いが、これは訪問者数の規模が大きい「YouTube」「ニコニコ動画/生放送」などでの平均滞在時間の長さに起因。なお、動画配信サイト全体の推定総滞在時間は7,380万時間で、Web全体の総滞在時間量の11%を占めるという。

動画配信サイト全体の接触者率は、男性が59.5%と、女性の45.3%を上回る。SVODについては、目立った差異は見当たらないという。SVODにおいては、女性20-34才層で2時間6分と相対的に長い傾向を示している。

関連記事