手軽に単品シアターを始められるエントリー機

オンキヨー、HDCP 2.2/4K60p対応で4万8千円のAVアンプ入門機「TX-SR343」

編集部:杉浦 みな子
2015年04月22日
オンキヨー&パイオニア マーケティングジャパン(株)は、オンキヨーブランドから、4K/60p/4:4:4映像の伝送に対応しHDCP 2.2にも準拠するAVアンプのエントリーモデル「TX-SR343」を4月下旬に発売する。価格は48,000円(税抜)。

TX-SR343

TX-SR343の背面端子部

最大5.1ch出力に対応するAVアンプで、定格出力は65W/ch。HDMI端子は入力4/出力1を備える。同社AVアンプのエントリーモデルに位置づけられる機種ながら、HDMI端子は4K/60p/4:4:4映像の伝送に対応し、4Kコンテンツの著作権保護規格HDCP 2.2もサポートするといった最新の4K仕様を備えている。

アンプ部には、オンキヨーが単品ピュアオーディオ開発で培ったワイドレンジアンプ技術「WRAT」などの高音質技術を採用。これにより低インピーダンス化、低ノイズ化を図り、正確なスピーカー駆動を実現することで微妙なニュアンスまで表現力を高め、コンテンツの魅力を最大限に引き出すとしている。

DAC部にはバーブラウン製の192kHz/24bit DACを搭載。音楽再生機能としては、Bluetooth機能に対応し、スマホなど対応機器からワイヤレスで音楽再生が行える。圧縮音源を補間する技術「ミュージックオプティマイザー」も備えている。また、ボーカルが曇らず豊かな低域とクリアな中高域の両立を図った独自開発の低音増強技術「フェーズ マッチング バス」も搭載する。

また、夜間の映画視聴などに便利な「レイトナイト機能」も搭載する。このレイトナイト機能はボリュームを上げずに微細な音を明瞭にするという機能で、ドルビーデジタル/ドルビーデジタルプラス/ドルビーTrueHDの音声フォーマット再生時に適用できる。

映像入力端子はコンポジット×3(リア×2、フロント×1)、コンポーネント×2で、音声入力端子はデジタル×3(光×2、同軸×1)、アナログ×7(リア×6、フロント×1)を装備。そのほかに、サブウーファープリアウトを1系統備えている。

また、本体背面パネルの端子部分には接続機器を表すイラストアイコンを配置し、エントリーモデルとしてどの端子をどの機器と接続したら良いかわかりやすいように配慮している。

背面パネルに接続機器がわかりやすいイラストを配置

本体サイズは435W×160H×328Dmmで、質量は7.8kg。

【問い合わせ先】
オンキヨーオーディオコールセンター
TEL/050-3161-9555

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドONKYO
  • 型番TX-SR343
  • 発売日2015年4月下旬
  • 価格¥48,000(税抜)
【SPEC】●パワーアンプch数:5ch ●定格出力:65W/ch(8Ω,20Hz〜20kHz,THD+N 0.08%以下,2ch駆動時(非同時駆動),JEITA) ●実用最大出力:130W/ch(6Ω,1kHz,1ch駆動時(非同時駆動),JEITA) ●全高調波歪率:0.08%(20Hz〜20kHzハーフパワー) ●ダンピングファクター:60以上(Front,1kHz,8Ω) ●入力感度/インピーダンス:LINE…200mV/47kΩ ●周波数特性:10Hz〜100kHz(+1dB,-3dB,Direct mode) ●S/N比:100dB(LINE,IHF-A) ●入出力端子:HDMI×入力4/出力1(4K対応)、コンポジット入力×3、コンポーネント入力×2、デジタル音声入力×光2/同軸×1、アナログ音声入力×7、サブウーファープリアウト×1、ヘッドホン出力×1 ●Bluetoothバージョン:ver.2.1+EDR ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP ●対応コーデック:SBC ●消費電力:250W(待機時0.1W) ●外形寸法:435W×160H×328Dmm ●質量:7.8kg

関連記事