インターネットサービス

2Gbpsで月額4,743円、光ファイバー「NURO」体験会がソニービルで開催中

ファイル・ウェブ編集部
2014年07月14日
ソネット(株)は、下り最大2Gbpsという世界最速のインターネットサービス「NURO」の体感イベントを、銀座のソニービル 1F エントランスホールで本日から開始した。期間は7月21日まで。

ソニービル1Fのエントランス

体験イベントコーナー

これまでの光ファイバーサービスは、理論値でも100〜200Mbps程度のものが多かった。マンションなどの場合は、各家庭で一つの回線を共用するので、さらにスループットが落ちることになる。

NUROは戸建て限定ながら、独自の技術によって、下り最大2Gbpsという超高速通信を可能にした注目サービスだ。サービスの提供エリアは、いまのところ東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県に限られるが、条件を満たしていれば、かなりお得なサービスだ。

超高速でありながら安価な点も特徴で、回線使用料、プロバイダー料金、高速無線LAN、カスペルスキーのセキュリティサービスを含む月額基本料金は4,743円(税抜)。これに加え、様々なキャンペーンやキャッシュバック、ソフトバンクのスマホとのセット割なども適用されるため、現在光ファイバーを使っている方なら、トータルコストが下がる可能性が高い。スピードではなく価格のみに着目してもメリットは大きいのだ。

体感イベントで実際に計測した回線スピード

もちろん最大2Gbpsというスピードは、ネットブラウジングや大容量ファイルのダウンロードやアップロードなどの際にも、非常に快適だ。たとえばGoogleマップのストリートビューでは、移動する際にデータが瞬時に読み込まれるため、ストレスない閲覧が可能。またアクトビラのHDコンテンツをストリーミング再生するといった際にも、コマ落ち無く美しい映像を再現できる。また、将来的に4K映像配信がスタートした際にも、2Gbpsというスピードがあれば、安心して再生ができるはずだ。

Googleマップのストリートビューもサクサク動く

アクトビラのHDストリーミング映像もストレス無く表示

いまのネット環境のスピードや価格に少しでも不満があるという方は、ぜひソニービルでNUROを体験してみてはいかがだろうか。

イベントでNUROを体験すると、オリジナルのセンスと特製バッグがプレゼントされる

関連リンク

関連記事