現在のサービス内容や利用料金は継続

Hulu、日本向け事業を日テレに譲渡

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月28日
日本テレビ放送網(株)とHulu, LLCは、サブスクリプション型VODサービス「hulu」の日本市場向け事業譲渡に合意したと発表した。日本テレビは今春に事業の譲渡を受けて、SVOD(Subscription Video On Demand:定額制動画配信)事業に参入する。

Hulu が会社分割により設立した新会社を日本テレビが子会社化することで事業承継。新会社はHulu から「Hulu」のブランドやテクノロジーに関するライセンスを受けHulu の日本における事業を継続していく。

運営母体が変更される以外の面は、基本的に現在のサービス内容や利用料金を維持。現在、huluにはTBSオンデマンドなどのコンテンツも存在しているが、これらについても引き続き提供される。

今後のコンテンツについては、ハリウッドや日本の映画・ドラマ・アニメなど、既存の各ジャンルをさらに強化するとしてる。また、日本テレビの話題作や人気番組の「Hulu」向け限定コンテンツの配信などにより、作品ラインアップを充実させ、事業拡大を目指していくという。

なお、日本テレビでは現在TVOD(Transactional Video On Demand:都度課金制動画配信)の「日テレオンデマンド」を運営しているが、同サービスも当面は継続される予定。「将来的には両者の統合という可能性も視野に入ってはいるが現時点で具体的に決定していることはない」(日本テレビ広報)とのことだった。

huluは2011年9月に日本市場向けのサービスを提供開始。サービス開始以来、コンテンツ・パートナーは約50社にまで増え、現在は13,000 本以上の映画・ドラマ・アニメを配信しているとし、日本の「Hulu」の会員数は2013年の一年間で倍増したという。

関連記事