Numark取扱いの新ブランドも登場

<ポタフェス>SHURE、歴代イヤホン銘機を公開/マクセルはWハイブリッドに注力/新ブランド「nocs」

ファイル・ウェブ編集部
2013年12月21日
東京・秋葉原で開催されている「第4回ポータブルオーディオフェスティバル2013 in 秋葉原」から、SHUREやマクセルなどの出展についてお伝えする。

SHUREは歴代イヤホンを出展

SHUREブースは、密閉型の最上位ヘッドホン「SRH1540」が、試聴を待つ列ができるほどの大人気。ファーストロットはすぐに完売したとのことで、販売元も「まさかこんなに売れるとは思っていなかった」と驚く。

発売後すぐに品切れになったというSHUREの密閉型最上位ヘッドホン「SRH1540」

ほかにも、開放型ヘッドホン「SRH1840」はもちろん、イヤホンも「SE846」「SE535」など、同社の主要ラインナップが勢揃い。中には人気のため、市場で手に入りづらいものもある。聴きたい製品がすべて聴けるこの機会をうまく利用しよう。

そのほか同社ブースには、「E1」「E5」「SE530」という、同社の過去の銘機がガラスケース内に展示されており、イヤホンファンは必見だ。現在のイヤホンブームを牽引したというSHUREの矜恃が感じられる。

歴代のSHURE製イヤホン銘機を展示

マクセルは新イヤホン「DBA900」をメインに出展

マクセルは、この秋に発売したばかりの新イヤホン「MXH-DBA900」(レビュー記事)をメインに出展を行っている。

「MXH-DBA900」

内部構造がわかる展示も

本機は“Wハイブリッド構造”を採用したことが特徴。Wとは、ダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーを両方搭載したこと、そしてアルミニウム合金と樹脂を組み合わせたことを指している。

そのほか同社ブースには、日本でも来春発売予定という、qi充電対応の据え置き型Bluetoothスピーカーも展示。最近発売されたばかりの、iPhone 5対応のqi充電対応ケースを利用し、デモを行っていた。

qi充電対応の据え置き型Bluetoothスピーカー

さらにBluetooth関連では、コンパクトなNFC対応ポータブルBTスピーカー「MXSP-BT04」や防滴対応のポータブルBluetoothスピーカー「MXSP-BTW100」なども出展していた。

コンパクトなNFC対応ポータブルBTスピーカー「MXSP-BT04」

Numarkはアニソンとの親和性の高さをアピール

Numarkは、M-AUDIOブランドのヘッドホン「HPH50」と、AKAI Professionalブランドのヘッドホン「MPC Headphones」を出展した。2014年発売予定で、価格はオープンだが、21,800円前後での販売が予想される。両機のドライバーは基本的に同じものだが、チューニングは若干異なっているという。

M-AUDIOブランドのヘッドホン「HPH50」

AKAI Professionalブランドのヘッドホン「MPC Headphones」

NumarkのDJコントローラーは、アニソンDJからよく使われるのだという。このことから、アニソンとの親和性の高さをアピールする出展を行っていた。

アップルファン3人が始めたスウェーデンのブランド「nocs」

nocsは、AIAIAIと同じくプレアデスシステムデザインが販売代理を行うスウェーデンのオーディオブランド。アップルファン3人が創業したブランドで、デザインもシンプル&ミニマルで、アップル製品に通じるものがある。

ヘッドホン「NS700 PHASER」は人間工学に基づいたデザインを採用。レザー製のイヤークッションやケブラー素材の強化ケーブル、ソフトゴムのライニング、耐久性のあるTR90ナイロンのヘッドバンドなどを採用している。価格は8,800円(税込)。

nocsのヘッドホン「NS700 PHASER」

nocsブランドのイヤホンで最も高価な製品は、非常に小型のBAドライバーを搭載した「NS800 MONITORS」だ。ソリッドなボーカルと、中低域の自然さが特徴という。

nocsのイヤホン最上位機「NS800 MONITORS」

STAXはSRS-002などおなじみのモデル群を紹介していた