JBLのBluetoothイヤホン「J46BT」&ヘッドホン「J56BT」

ファイル・ウェブ編集部
2013年12月03日
ハーマンインターナショナルは、JBLのBluetoothイヤホン「J46BT」とBluetoothヘッドホン「J56BT」を12月に発売する。両製品は“より多くのユーザーに、音楽のエモーションを楽しんでもらう”ことをコンセプトにしたエントリー価格帯の“Jシリーズ”の製品。

各モデルの詳細は以下のとおり。

J46BT ¥OPEN(予想実売価格9,980円前後)

J46BT

ハウジング同士は50cmのフラットケーブルでつながっており、頭の後ろに回り込ませるかたちで使用する。

Bluetoothモジュールやバッテリー、マイクを本体に内蔵しつつ、16gの軽量ボディを実現。50cmのフラットケーブルで、頭の後ろに回り込ませるかたちで使用する。

Bluetoothのバージョンは4.0で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP。aptXにも対応する。ハンズフリー通話も可能。

リモコンマイク付きコントローラーも備える

ドライバーはφ6mm径の密閉ダイナミック型で、バランスに優れたワイドレンジ再生を実現するという。再生周波数帯域は20Hz〜18kHz。

バッテリーは約2.5時間の充電で約5時間の連続使用が可能。充電はUSB経由で行う。

充電はUSB経由。イヤホン部にアダプターを装着して行うかたち

S/M/Lのシリコンイヤーチップと、耳からイヤホンが外れにくくなるスタビライザークッション(S/L)、専用キャリングケースが付属する。

シリコンイヤーチップのほか、スタビライザークッション(写真内オレンジのもの)が付属。耳にしっかりとフィットする


J56BT ¥OPEN(予想実売価格14,800円前後)

φ40mm密閉ダイナミック型ドライバーを搭載した、オンイヤータイプのBluetoothヘッドホン。ベースは昨年発売された「J55」(関連ニュース)。

J56BT

再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。Bluetoothのバージョンは3.0で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP。本機はaptXには非対応。

ヘッドホンのハウジングに3ボタンリモコンを備え、音量調整や再生/一時停止/着話/終話などの操作が可能だ。

ハウジングが後方に回転する「DJ-pivot」機構を備え、片耳モニタリングも行える。

ヘッドバンド部にはJBLロゴ。

ハウジングが後方に回転する「DJ-pivot」機構を備える

バッテリーは約1.5時間の充電で約12時間の連続再生が可能。充電はUSB経由で行う。1.2m長の着脱式ケーブルが付属し、通常のヘッドホンとしての使用も可能だ。

着脱式ケーブルが付属し、通常のヘッドホンとしても使用可能
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJBL
  • 型番J46BT
  • 発売日2013年12月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格9,980円前後)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●周波数特性:20Hz〜18kHz ●感度(1mW):100dB/mW ●インピーダンス:16Ω ●ケーブル長:0.5m ●質量:16g(本体のみ)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJBL
  • 型番J56BT
  • 発売日2013年12月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14,800円前後)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●感度(1mW):100dB/mW ●インピーダンス:32Ω ●ケーブル長:1.2m

関連記事