ソチ五輪のネット生中継も申請

NHK、ハイブリッドキャストでの「時差再生」「マルチビュー」など認可申請

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月24日

現在のハイブリッドキャストの画面イメージ
NHKは、9月2日から開始した放送と通信の連携サービス「ハイブリッドキャスト」について、新サービスの認可申請を本日総務省に対して行った。

魅力のあるハイブリッドキャスト対応コンテンツの開発に向け、様々な課題の検証を行うことが目的。サービスの設計や演出、技術面などの観点から検証したいと説明している。

新たに認可を申請したのは以下の6点。

・放送中の番組をさかのぼって再生できる「時差再生」
・複数のカメラの映像を提供する「マルチビュー」
・放送中の番組の「ハイライト視聴」
・視聴者が番組に参加したり意見を投稿できる「番組参加」
・番組に関わる様々な情報を提供する「番組関連情報」
・放送中の番組に関連した過去番組を視聴できる「アーカイブス動画クリップ」

NHKでは、総務大臣の認可が得られたら順次スタートするとしている。申請した実施期間は2014年末まで。

さらにNHKは今回、ソチ五輪のライブストリーミングサービスの実施についても認可申請を行った。ロンドン五輪と同様、NHKも民放も生中継を行わない一部の協議について、生中継映像をPC向けに提供することを検討している。

関連リンク

関連記事