SCE、「PS4」を399ドルで発売 − 本体も公開

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2013年06月11日

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、米国のゲーム関連展示会「E3」にあわせ、イベント「プレイステーション E3 2013 プレスカンファレンス」を開催。新型ゲーム機「PlayStation 4」(PS4)の本体を公開した。北米での価格は399米ドル。ヨーロッパでの販売価格は399ユーロ。発売時期はホリデーシーズン(年末商戦期)。

PS4は今年2月21日に、イベント「PLAYSTAITON MEETING」で発売がアナウンスされた。その際にはコントローラー「DUALSHOCK 4」しか発表されていなかったが、今回、ようやく本体が公開された。

PS4はPCのアーキテクチャーをもとにした構成を採用。CPUはAMDの8コアプロセッサー、x86-64“Jaguar”を採用。GPUもAMD製で、次世代のRadeonをベースとした、1.84テラフロップスのものを搭載する。光学ドライブはBD/DVDで、ともに読み出し専用。BDは6倍速、DVDは8倍速の読み出しをサポートする。またHDDも内蔵する。

ネットワーク関連では、イーサネット端子は1000BASE-Tまで対応。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/n、Bluetoothは2.1 EDRをサポートする。AV出力はHDMI出力端子、アナログAV出力端子、光デジタル出力端子の3端子。そのほかUSB 3.0端子、AUX端子を備える。

イベントのレポートはこちらで掲載している。

関連リンク

関連記事