車内空間と一体化した車載ディスプレイが実現可能に

三菱、凹凸混在面など色々な形状に映像表示できる車載用ディスプレイ技術

ファイル・ウェブ編集部
2013年02月07日
三菱電機(株)は、同一の光学エンジンで様々な形状のものに映像表示できる車載用ディスプレイ技術を開発した。

ディスプレイシステム搭載例。左が凸面スクリーンで右が凹凸面混在スクリーン

凹凸混在スクリーンなど様々な形状のものにリアプロジェクションによる映像表示が可能。曲面への投写時は、発生する映像の歪みを補正し、自然な映像表示が行えるという。この技術を搭載することにより、車内空間のデザインと一体化した車載ディスプレイが実現可能になるとしている。

車載環境に対応する構造とし、高効率冷却器を開発して高温時の各部品の性能低下と寿命劣化を抑制している。また、走行時の振動環境下でも画像が乱れない高剛性の画像安定構造を実現。さらに外光を吸収する樹脂製スクリーンを採用し、明光下での視認性も確保した。

表示用光源として赤・緑・青の3色LEDを用いることにより、白色LEDバックライト液晶ディスプレイの約1.5倍の色再現範囲を実現した。加えて光センサーを用いた発光制御により、幅広い動作温度範囲で安定した色再現を確保したという。

今回は、表示面曲率10mmの凹凸混在タイプのスクリーンと同300mmの凸面スクリーンを試作した。いずれも表示サイズは290×130mmで、解像度は1,920×861。

関連リンク

関連記事