HOME > ニュース > アカリネ、Bluetoothスピーカー機能内蔵のLED電球“acarine 003”

電気スタンドがそのままBluetoothスピーカーに

アカリネ、Bluetoothスピーカー機能内蔵のLED電球“acarine 003”

2012/09/14 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)アカリネは、「音楽を聴くための最適な明るさを追求した」という、Bluetoothスピーカー機能を内蔵したLED電球「アカリネランプ」の新製品として“acarine 003”「ACA-3」のプロトタイプを発表した。16,800円で2013年5月頃の発売を予定している。

acarine 003

Bluetooth対応のスピーカー機能を内蔵したLED電球。通常のランプスタンドの電球を本製品と取り替えることで、電気スタンドがそのままBluetoothスピーカーに変身する。

使用イメージ

電球カバー全体に光が拡散するエッジライト方式を採用。LED光源からの発熱を考慮しながら、音楽を聴くための最適な明るさを追求したという。

Bluetooth v2.1 +EDRに対応し、2.5cmフルレンジのスピーカーユニットを搭載。出力は3.0Wで周波数特性が170Hz〜18kHz、S/N比が85dB以上。

なお、今回の製品はプロトタイプのため上記スペックは変更される可能性もある。同社は、ビクターのカムコーダーデザインやソニー“QUALIA”のクリエイティブディレクターを務めたデザイナー森宮祐次氏が起ち上げた“ひとり家電メーカー”(関連ニュース)であるため、開発プロセスをユーザーと共有しながら開発資金の支援を広く求めることを目的として、プロトタイプの段階で発表したのだという。9月中旬にスタートするクラウドファウディング「COUNTDOWN」から出資を募る予定。なお、「アカリネランプ」の名前は、灯り(アカリ)と音(ネ)の機能を一体化させたことに由来している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク