同社現行品の約2倍の精細度

ジャパンディスプレイ、651ppiの液晶ディスプレイ開発 − 活字レベルの精細度実現

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月04日
(株)ジャパンディスプレイは、精細度651ppiの液晶ディスプレイを開発した。

今回の試作品

326ppiのディスプレイと試作品の精細度を比較

画面サイズは2.3型で、解像度は1,280×800ピクセル。画素ピッチは51μmで、表示色数は約1,677万色。

同社ではこれまで、ガラス基板上に微細で高性能な低温ポリシリコンTFTを形成する加工技術や、高精度な組み立て技術を培ってきた。この技術をさらに高め、さらなる高精細化を実現した。

651ppiという精細度は、同社が生産しているスマホ向けディスプレイの約2倍。「活字印刷なみの滑らかな文字表示や、グラビア写真と同等の高品位で臨場感に優れた表示が可能」としており、文字表示に関する官能評価においても高い評価結果を得たという。

関連記事