国内メーカー初のTHX認定

キクチ、EASTONEが開発したTHX認定のサウンドスクリーン

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月26日
(株)キクチ科学研究所は、EASTONE(イーストン)が開発したサウンドスクリーン「E2S」の販売を開始した。

キクチ「E2S」シリーズ

E2Sシリーズは、日本のスクリーンメーカーとして初めてTHX社の認定を取得。EASTONEが幕面の素材開発から製造までを一貫して行い、音響透過特性と画質を両立させた。

幕面のスクリーン面は、繊維を高密度な「くの字」型に編み上げた独自の構造を採用。画質を犠牲にせず、40kHz付近の音域でも優れた音響透過特性を実現できるという。光学特性についても、拡散性に優れフラットであると説明している。ピークゲインは0.76±10%。

幕面の裏面にはステンレスの被膜を形成。これにより、スクリーン面から後方へ洩れる不要な光の回帰を遮断している。

ラインナップはワイヤレスリモコンを内蔵した電動巻き上げ型の「E2S-KE ホームシアターシリーズ」が中心で、サイズと価格は以下の通り。

・90型「E2S-KE90HD」¥273,000(税込)
・100型「E2S-KE100HD」¥321,300(税込)
・110型「E2S-KE110HD」¥369,600(税込)
・120型「E2S-KE120HD」¥417,900(税込)

そのほか130型/140型/150型のE2S-KE 中型シリーズ、100型から200型まで、10型刻みでラインナップを用意した張り込みスクリーンフレームタイプの「E2S-KP」シリーズなども用意されている。

【問い合わせ先】
株式会社キクチ科学研究所
TEL/03-3952-5131

関連記事