一部特定製造ロット番号のディスクにおいて

マクセル、録画用BD-Rの一部で記録内容が再生不可能な不具合 − 無償交換を実施

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月23日
日立マクセル(株)は、録画用BD-Rの一部特定製造ロット番号のディスクにおいて、「記録した内容が再生できない」症状が発生する場合があると発表。代替品への無償交換を行う。

対象となる3製品のパッケージ

対象となるのは、録画用BD-R Plain style「BR25VPLWPB.5S」、録画用BD-R Plain style「BR25VPLWPB.10S」、録画用BD-R ひろびろ超美白レーベルディスク「BR25VWPB.20S」の3製品のうち、該当製造ロット番号「********BD014X0907*****」9〜18桁部分に記載のアルファベットと数字が下記に該当するもの。

BD014X0904
BD014X0905
BD014X0906
BD014X0907
BD014X0908
BD014X0909
BD014X0910

該当製造ロット番号は、ディスク内周表面に刻印されている。なお、特定製造ロット番号に該当しないディスクについては正常に使用できる。また、「Plain Style」シリーズは、2010年4月よりパッケージの記録時間表示を変更しており、記録時間が「地上デジタル 3時間(180分)」「BSデジタル 2時間10分(130分)」と記載されている製品は対象外。

ロット番号の確認方法

【問い合わせ先】
日立マクセル お客様ご相談センター
TEL/0120-532331

関連記事