日立、光ディスクの記録容量を倍増させる「位相多値記録再生方式」の原理検証実験に成功

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月20日
(株)日立製作所は、光ディスクの記録容量を大きく拡大できる「位相多値記録再生方式」を考案し、記録容量が2倍となる「位相4値」におけるデータの記録・再生検証実験に成功したと伝えた。

「位相多値記録再生方式」の原理は、光の干渉で発生する微小な干渉縞(マイクロホログラム)を記録マークに用いて、この記録マークを描き込む深さを変えることで多値化し、記録・再生を行うというもの。当原理は8値以上の多値記録に拡張できることから、記録容量を3倍以上に拡大できる可能性を持ち、光ディスクの大容量化につながるとされている。

光ディスクは記録層に書き込まれた記録マークの有無、あるいは濃淡を1bitに相当する0/1のデータとして記録し、読み取るメディアである。光ディスクの記録容量を拡張する手段として、記録マークの情報を2bitに相当する4値(2の2乗)、3bitに相当する8値(2の3乗)と多値化することで、ディスクに記録できる容量を2倍、3倍へと高められる技術として期待されている。日立では今回、多値化のための手段として、記録マークに光の位相情報を加えた「位相多値記録再生方式」を考案し、2倍の記録容量に相当する位相4値において、光ディスクのデータを記録・再生する検証実験に成功したという。

同社は今回の成果について、2011年7月17日からハワイで開催される光ストレージに関する国際シンポジウム「The Joint International Symposium on Optical Memory & Optical Data Storage Topical Meeting (ISOM/ODS2011)」にて発表する予定だ。

関連記事