10種類の着せ替え用シートを付属

ペンタックス、ボディデザインを簡単に変えられるコンデジ「RS1500」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月18日
HOYA(株)PENTAXイメージング・システム事業部は、ボディ前面のデザインを変えられるコンパクトデジカメ「Optio RS1500」を4月14日より発売する。価格はオープンだが、12,000円前後での販売が予想される。カラーはパールホワイトとシルバー。

「Optio RS1500」(パールホワイト)

「Optio RS1500」(シルバー)

有効画素数は約1,400万画素。撮像素子には1/2.33型CCDを採用する。レンズは5群6枚のsmc PENTAXズームレンズで、焦点距離は4.9〜19.6mm(35ミリ判換算で約27.5〜110mm相当)、F値はF3.2(W)〜F5.9(T)。4倍の光学ズームと約6.7倍のデジタルズームが可能。

ディスプレイは3.0型 約23万ドットLCDを搭載。電池は専用充電式リチウムイオンバッテリー。外部記録メモリはSD/SDHCカードに対応する。

10種類の着せ替え用シートと、ブラック/オレンジのレンズリングを付属し、ボディ前面のデザインなどを気軽に変えられるのが特徴のひとつ。これまでより簡単に交換できるようになったのがポイントで、工具などを使わずに着脱可能だ。

さらに、ホームページからダウンロードできる専用のデザインソフトを使用して、オリジナルデザインのシートを作ることもできる。

そのほか「トイカメラ」や「レトロ」など全9種類のデジタルフィルターや、顔認識機能、撮影後に人物の顔部分だけをひとまわり小さくして画像を整える“小顔フィルター”などの撮影機能を備えている。

動画は1,280×720pxまでの撮影に対応。手ブレをソフトウェアで補正する「Movie SR」機能も用意している。

【問い合わせ先】
ペンタックス お客様相談センター
TEL/0570-001313
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPENTAX
  • 型番RS1500
  • 発売日2011年4月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格12,000円前後)
【SPEC】●有効画素数:約1400万画素 ●撮像素子:1/2.33型CCD ●ズーム倍率:4倍光学ズーム、デジタルズーム約6.7倍 ●モニター:3.0型液晶 約23万ドット ●記録媒体:SD/SDHCメモリーカード ●外形寸法:約 92W×56H×22.5Dmm(操作部材、突起部を除く) ●質量:約110g(電池、SDメモリーカード含まず)

関連記事