設置性に優れた薄型パッシブタイプも

【CES】クリプシュ、Wi-Fi/USB入力対応のアクティブスピーカーなど"Galleryシリーズ"6機種を発表

季刊オーディオアクセサリー編集部・浅田陽介
2011年01月09日
現地時間1月6日から米ラスベガスで開催されている「2011 International CES」。アメリカ国内で非常に高い知名度を獲得しているクリプシュは、会場であるベネチアンタワーの4部屋を使用してデモンストレーションを行っている。

今回、最も目玉となるのが、このCESで発表されたスタイリッシュなスピーカー"Galleryシリーズ"である。

今回発表された「Galleryシリーズ」。右から「G-12」と「G-28」。ホワイトモデルについては完成品ではユニット、ロゴマークに至るまでホワイトとなる予定だ

会場で展示されていたのは、エントリーモデルから順にパッシブタイプの「G-12」($200)、「G-16」($300)、「G-28」($500)。そしてアクティブタイプの「Gallery STUDIO」($390)、「Gallery FORUM」($599)、「Gallery ARENA」($799)の全6モデル。

アクティブタイプのエントリーモデルである「Gallery STUDIO」

パッシブタイプである3機種はバスレフタイプで、3.5インチのドライバーを搭載したモデル。非常に薄いボディは薄型テレビなどとの組み合わせにも最適で、専用スタンドを用意するほか、壁にかけて使用することも可能だ。

使用ユニットは、エントリーモデルに位置する「G-12」のみアルミの振動板を、ほかの上位機種についてはチタンコートの振動板を採用している。薄型・小型ながらも同社のテクノロジーが凝縮された、戦略的モデルとして注目される。

また、アクティブタイプである3モデルも基本構造は同一。内蔵されたアンプはスピーカー本体のサイズが大きくなるにつれ、強力なものが搭載されるようになっている。Wi-FiやUSB入力にも対応している点は、非常に使い勝手を配慮した構造といえるだろう。また、シリーズ最上位モデルとして「G-42」も用意しており、こちらはiPad用のDockも装備したモデルとなっているとのことだ。

「Gallery STUDIO」のユニット部

「Gallery STUDIO」の背面端子。USBやWiFiなどさまざまリスニングスタイルに対応する。なお、製品板では背面は艶消し仕様となる予定とのこと

なお発売時期については、パッシブタイプは今年春頃を予定、アクティブタイプは秋頃の予定となっている。

この他にも同ブースでは、置く場所を選ばずにサブウーファーを設置するための「Wireless Subwoofer Kit」が展示されるなど、スタイリッシュなリスニングルームを構築するためのモデルが多く登場している。

イヤホン関連ではゲーム用に開発された「ProMedia」というモデルを展示

なおクリプシュのスピーカーシステムはこの春より、これまでヘッドホンのみのディストリビューターだった(株)イーフロンティアの取り扱いとなり、再度日本へと上陸を果たすこととなった。

このことについてアジアを統括しているDavid Westfall氏は、「日本の市場にはとても大きな可能性を感じている。クリプシュは、ここアメリカではナンバーワンといっても過言ではないほどの実績を作っている。新しいGalleryシリーズは日本の住環境を考えてみても、非常にマッチしたパーフェクトなプロダクトであると考えている」とコメント。日本市場再参入への意欲を示した。

従来から日本でも人気を集めていた「REFERENCEシリーズ」は、「REFERENCE IIシリーズ」へと進化を遂げていた。ユニットなどに変更が見られる。写真はブックシェルフ型のトップエンド「RB-81II」

昨年末に日本でも登場したオーバーヘッド型ヘッドホン「ONE」にもホワイトモデルが参考出品されていた。こちらもロゴ部などをホワイトにするなどの改良が加えられる予定だ

関連記事