CEDIA2010レポート

コントロールソリューションはiPad/iPhoneを取り入れた「Apple Integration」が大きなテーマに

ホームシアターファイル編集部:熊澤志保
2010年09月27日
カスタムインストールにおいて、コントロールは最も重要なテーマのひとつだ。実際、コントロールを取り扱うブランドとソリューションの多さは日本の比ではなく、CEDIAには、クレストロンやAMXを始めとした多彩なブランドが出展していた。

AMXのブース

いずれもカスタムインストール市場の有名ブランドで、特にAVレシーバーや照明など、コントロールに密接に関係するメーカーには、そうした会社のロゴが表示されていることが多い。

ロゴの表示は、ソリューションをスムーズに提供できるようにメーカー間で相互に機器認証を行っていることの証で、関連製品を持つブランドとのパートナーシップの充実は、多彩な機器を組み合わせてソリューションを提供するインストーラーにとって、その機器の信頼性を保証する指針のひとつにもなっている。

出展していた主なブランドはControl4やsavant、XantechにRTI、そしてPhilipsなど。Control4は後発ブランドながら、インストールしやすさを特徴に、コントロールのエントリーブランドとして急成長し高い人気を誇っている。

Xantechのブース


Philipsのブース

同社も様々なコントロールソリューションを提供


コントロール4のブース

同社によるiPadのためのソリューション

今年こうしたコントロールブランドの展示の多くには、共通する新しいテーマがあった。iPadやiPhoneを取り入れたコントロールの提案「Apple Integration」で、それらをタッチパネルとして活用するソリューションを打ち出していた。

RTIのブース


多彩なコントローラーのほかアップルインテグレーションを展示

アップルインテグレーションでのUIのデモ画面
高額なオリジナルタッチパネルを販売するブランドにとっては、iPadの隆盛は微妙な問題を孕んでいるに違いないが、アプリを無償で提供したり、あるいは安価で販売するなどし、柔軟に取り入れている姿が印象的だった。


SpeakerCraftのnirvも独自のコントロールソリューションだ
また、ホームセキュリティを扱うブランドもiPadを使ったソリューションを提供していたほか、タッチパネル化したiPadを家庭内に設置するマウントもマウントメーカーから既に複数登場していた。


iPadのマウントも各種メーカーから登場した
カスタムインストールの市場の大きさとライフスタイルの違いもあるだろうが、こうした潮流が日本ではどのような動きになっていくのか、興味深い。

関連記事