実売価格4万円前後のエントリー機

三菱電機、見どころだけを抽出して再生できるHDD内蔵“REAL DVDレコーダー”を発売

Phile-web編集部
2009年04月17日

DVR-DS120
三菱電機(株)は、音楽番組の演奏シーンのみを再生可能な「楽曲再生」など、録画した番組の見どころだけを連続再生できる各種機能を搭載したHDD内蔵“REAL DVDレコーダー”「DVR-DS120」を5月10日より発売する。価格はオープンだが、4万円前後での実売が予想される。

本製品は、地上・BS・110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを各1基ずつ搭載し、250GBのHDDを内蔵したDVDレコーダー。「オートカット i」と「ハイライト再生」、そして「楽曲再生」という、録画した番組の見どころのみを抽出して連続再生可能な各種機能を搭載している点が特徴だ。

「オートカット i」は、CMを含んだ番組を録画する際に、本編再生プレイリストまたはCM再生プレイリストを自動作成することで、本編またはCM部分のみを再生できる機能。本編あるいはCM部分のみをDVDに保存可能だ。

「ハイライト再生」は、EPGから予約録画したスポーツ番組の盛り上がったシーンのみを再生できる機能。外部入力からの予約録画にも対応するほか、ハイライトシーンのみをDVDへ残すこともできる。

「楽曲再生」は、EPGから予約録画した音楽番組の歌や演奏シーンのみを再生できるというもの。お気に入りの演奏シーンを簡単に探し出し、繰り返し視聴することもできる。こちらも外部入力からの予約録画にも対応するほか、演奏シーンのみをDVDへ保存可能。なお、これら3点の機能はデジタル放送とアナログ放送の両方に有効だ。

ハイビジョン番組をDVDヘ高速ダビングできる「スマートダビング」機能を搭載。録画と同時にダビング用データを作成することで、1〜8時間のハイビジョン番組を約15分でダビング可能だ。また、ダビング後の画質は番組時間をもとに15段階のモードから本機が自動設定するため、DVD1枚に収まる範囲で最も高画質でダビングできる。

HDMI端子を1基搭載しており、「REALINK」にも対応。「番組ポーズ録画」によるテレビ視聴中の追っかけ再生や、、リモコンからの「一発録画」などに対応している。

デジタルチューナーとアナログチューナーを1基ずつ搭載しているため、時間帯が重なるアナログ放送とデジタル放送の2つの番組を同時に録画可能。また、デジタル放送とCATVのセットトップボックスなどの外部機器からの映像も同時に録画できる。

録画可能ディスクはDVD-RとDVD-RWで、再生可能ディスクはDVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、DVD-Video、DVD-RAM、音楽用CD、CD-R/CD-RW(音楽およびJPEG画像)。

【問い合わせ先】
三菱電機お客様相談センター
TEL/0120-139-365

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルHDD+DVD-RW/Rレコーダー
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番DVR-DS120
  • 発売日2009年5月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格 40,000円前後)
●記録可能メディア:DVD-RW、DVD-R ●内蔵HDD:250GB ●チューナー:地上デジタル×1、BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1 ●入力端子:S映像×2、映像×2、音声×2 ●出力端子:HDMI×1、D4映像×1、S映像×1、映像×1、音声×1、光デジタル音声×1 ●消費電力:約41W ●外形寸法:435W×75H×370Dmm ●質量:約4.5kg

関連記事