太陽電池量産工場として土地・建屋・人材を含めて買収か

日立プラズマディスプレイの宮崎工場を昭和シェル石油が買収検討

Phile-web編集部
2009年04月01日
(株)日立製作所は、同社が保有する日立プラズマディスプレイ(株)宮崎工場の土地・建屋・人材を、昭和シェル石油(株)において活用する方向で検討を開始したと発表した。

日立は昨年9月にプラズマテレビ用ガラスパネル部材の生産から撤退。ガラスパネル部材をパナソニック(株)から調達し、プラズマディスプレイ製造を行うことを決定した。これに伴い、日立プラズマ宮崎工場の有効活用について検討を重ねてきたという。

昭和シェルの子会社である昭和シェルソーラー(株)は銅・インジウム・ガリウム・セレンを原料とした化合物半導体を発電層に使った独自のCIS太陽電池量産開始のため新工場を検討中。日立プラズマ宮崎工場をこの工場候補地のひとつとし、買収を検討しているという。昭和シェル石油は「現在候補地の一つとして検討中だが、正式に決定した事実はない」としている。