デノン、AVアンプ「AVC-A1HD」「AVC-1909」のブラックモデルを発売

2008年10月17日
デノンは、AVアンプ「AVC-A1HD」「AVC-1909」のブラックモデルを10月下旬に発売する。

AVC-A1HD(K)

AVC-1909(K)

価格はAVC-A1HD(K)が598,500円、AVC-1909(K)が84,000円(いずれも税込)。

従来、両機はプレミアムシルバーを本体色に採用していたが、今回ブラックモデルを追加したことで、部屋の環境に応じて選択することが可能になる。なお、両機の仕様は現行のモデルと全く同じ。

AVC-A1HDは同社の一体型AVアンプの最上位機。7.1chパワーアンプを内蔵し、実用最大出力は245W/ch(6Ω)。Wi-Fi対応のネットワーク機能を搭載するほか、独自技術「Compressed Audio Restorer」による圧縮オーディオの高音質再生も行える。

AVC-1909は84,000円と、10万円を切る価格でHDオーディオに対応したハイコストパフォーマンスな7.1ch AVアンプ。実用最大出力は140W/ch(6Ω時)。Ver.1.3a対応のHDMI端子を入力3/出力1系統搭載し、Deep ColorやHigh Bit-rate Audio、リップシンク出力に対応する。

【問い合わせ先】
デノン コンシューマー マーケティング
TEL/03-6731-5540

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事