米ベインキャピタル、TOBでD&Mホールディングスを完全子会社化

2008年09月09日
米ベインキャピタル傘下の(株)BCJ-2が7月28日から実施していた、ディーアンドエムホールディングス株式の公開買付(TOB)が9月5日に終了した。

公開買付後のBCJ-2の株券所有割合は98.38%となり、TOBが成立した。

BCJ-2は発行済み株式の全部を取得できなかったが、ディーアンドエムホールディングスの定款を一部変更することなどにより、ディーアンドエムを完全子会社化する予定、と説明している。

(Phile-web編集部)