<IFA2008:エプソン>「EH-TW3000」などフルHDプロジェクターを展示

2008年08月31日
エプソンブースでは、プリンター製品の新モデルの他にプロジェクターラインアップを一斉展示する。ブースには上位機種EH-TW5000、EH-TW3800、EH-TW3000のフルHDモデルのほか、720pモデルEMP-TW680、一体型モデルEH-DM2が並んだ。


EPSONブースの様子、メインの展示はプリンターが中心
EH-TW5000は75,000対1という高コントラスト比の液晶プロジェクター。映像回路にはHQV Reonを採用している。解像度は1,920×1,080のフルHD。HDMI入力端子はVer.1.3aを2系統装備し、DeepColor、x.v.colorに対応する。ランプパワーは200W、明るさは1,600ANSIルーメン。2.1倍光学ズームレンズを搭載し、F値は、F2.0-3.17 f=22.5〜47.2mmを実現する。騒音レベルはエコノミーモードで22dB。


EH-TW5000 映像回路にHQV Reonを採用する
EH-TW3800は、D7液晶パネルを採用し、コントラスト比20,000対1、明るさ2,000ANSIルーメンを実現するフルHDプロジェクター。HDMI入力端子はVer.1.3aを2系統装備し、DeepColor、x.v.colorに対応する。2.1倍光学ズームレンズを搭載し、F値はF2.0-3.17 f=22.5〜47.2mm。ランプパワーは200W、また騒音レベルはエコノミーモードで22dBまで抑え静音化を図っている。


EH-TW3800 液晶パネルはD7を採用
EH-TW3000は、2000ANSIルーメン、コントラスト比20,000対1のフルHD液晶プロジェクター。ランプパワーは200W。HDMI入力端子はVer.1.3aを2系統装備し、DeepColor、x.v.colorに対応する。レンズは2.1倍光学ズームレンズを搭載。F値は、F2.0-3.17 f=22.5〜47.2mmとなる。


EMP-TW3000 フジノン製レンズを搭載する
EMP-TW680は液晶パネルを搭載する720pモデル。1.5倍光学ズームレンズを搭載し、F値はF2.1-2.8、f=21.4〜31.7mm。コントラスト比は10,000対1、明るさは1600ANSIルーメンとなる。ランプパワーは170W、騒音レベルは26dB。HDMI端子は1系統装備している。


EMP-TW680 国内既発売の700と600の中間にあたるモデルか
そのほか会場には420pモデルEH-DM2も展示されていた。DVDプレーヤーを内蔵する欧州向けの一体型モデルだ。コントラストは非公表だが、明るさは1200ANSIルーメン、ランプパワーは140W、騒音レベルは28dBとなる。ズームは1.35倍デジタルズームに対応。なおHDMI端子は搭載していない。


EH-DM2 欧州向けの一体型モデル
ブースでは、EH-TW5000などによる視聴コーナーを設けるなど、実際の映像を確認できるブースも用意されていた。またプロジェクターとWiiによるコラボコーナーも設けており、老若男女問わず大画面で「Wii Sports」のなどのゲームを楽しんでいた。


プロジェクターのラインナップ展示コーナー

大画面でゲームを楽しむ来場者たち
(AV REVIEW編集部・立原)

関連記事