パイオニア、HDMIを搭載したエントリーAVアンプ2機種を発売

2008年05月15日
パイオニア(株)は、エントリーモデルの5.1ch AVアンプ「VSX-918V」「VSX-518V」を6月上旬より発売する。価格はVSX-918Vが70,000円(税込)、VSX-518Vが58,500円(税込)。

VSX-918V

VSX-518V

918V、518Vともに定格出力100W+100W(6Ω)、実用最大出力130W/ch(6Ω)の5.1chAVアンプ。周波数特性は5Hz〜100kHz(+0/-6dB)となる。

再生可能な音声コーデックはDTS、DTS 96/24、ドルビーデジタル、ドルビープロロジック、ドルビープロロジックII、MPEG-2 AAC、WMA9 Pro。なお、ドルビーTrueHDやDTS-HD MA/HRAのデコーダーは非搭載となる。

両機ともHDMI入力端子を2系統、出力端子を1系統搭載。918Vは1080p/24bitのフルHD映像信号とデジタル音声信号をHDMIから伝送することができるが、518Vは1080p映像のみ可能。音声信号の入力は光/同軸デジタルケーブルでの接続が必要となる。同社ではHDMIセレクターとしての使用を想定しているという。

2ch音楽ファイルの出力レベルを自動的に揃える新機能「オートレベルコントロール」を搭載。さらに、アンプ内で発生するLFEチャンネルとその他メインチャンネル間の低音のズレを解消する「フェイズコントロール」のほか、圧縮音源を補間する「アドバンスド・サウンドレトリバー」機能も進化したものを搭載。同社「レガート・リンク・コンバージョン」の思想を注入することにより、MP3/WMA/MPEG-4 AACなどの高圧縮音元も高い音質で再生することができるという。

また、各スピーカーの音圧レベルや距離、周波数特性の補正などを最適化する「オートMCACC」も搭載するなど、同社の音響技術を盛り込んだつくりとなっている。

そのほか、USB端子を搭載し、iPodからのデジタル入力にも対応。OSD(オンスクリーンディスプレイ)機能により、iPodの曲情報などをディスプレイに表示させることも可能だ。

【問い合わせ先】
パイオニア(株)
カスタマーサポートセンター
TEL/0070-800-8181-22

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドPIONEER
  • 型番VSX-918V
  • 発売日2008年6月上旬
  • 価格¥70,000(税込)
【SPEC】●実用最大出力:130W/ch (JEITA、6Ω) ●定格出力:100W+100W(1kHz、1.0%、6Ω:ステレオ動作時) ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB/-6dB) ●ライン入力S/N比:96dB (IHF-A) ●入力端子:同軸デジタル1、光デジタル2、AUDIO3(AUX、CD、CD-R/TAPE/MD)、USB AUDIO1、フロントミニジャック1、VIDEO4(DVD/LD、TV/SAT、DVR/VCR)、D4-VIDEO2、HDMI2 ●出力端子:サブウーファー出力1、AUDIO1(CD-R/TAPE/MD)、AV1(DVR/VCR)、D4端子1、HDMI1 ●消費電力:180W ●外形寸法:420W×158H×352.5Dmm ●質量:8.7kg
  • ブランドPIONEER
  • 型番VSX-518V
  • 発売日2008年6月上旬
  • 価格¥58,500(税込)
【SPEC】●実用最大出力:130W/ch (JEITA、6Ω) ●定格出力:100W+100W(1kHz、1.0%、6Ω:ステレオ動作時) ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB/-6dB) ●ライン入力S/N比:96dB (IHF-A) ●入力端子:同軸デジタル1、光デジタル2、AUDIO3(AUX、CD、CD-R/TAPE/MD)、USB AUDIO1、フロントミニジャック1、VIDEO4(DVD/LD、TV/SAT、DVR/VCR)、D4-VIDEO2、HDMI2 ●出力端子:サブウーファー出力1、AUDIO1(CD-R/TAPE/MD)、AV1(DVR/VCR)、D4端子1、HDMI1 ●消費電力:180W ●外形寸法:420W×158H×352.5Dmm ●質量:8.7kg

関連記事