SCE、PS3の新システムソフトでDivXとWMVの再生に対応

2007年12月18日

PLAYSTATION3
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PLAYSTATION3用の新システムソフトウェア「バージョン2.10」を本日公開した。

本アップデートでは、DivXとWMV(VC-1)形式のファイルの再生が可能になる。WMVの再生には、本体設定で再生を有効にするよう設定する必要がある。著作権保護されたファイルや、DivX 3.11でエンコードされたファイル、2GB以上のファイルは再生できない。

新システムソフトでは、Blu-ray DiscのProfile1.1にも対応。2つの映像を同時に再生する「ピクチャー・イン・ピクチャー」機能が利用可能になる。さらに[BDデータ管理]も追加され、Blu-ray Discによって使用される管理データを保存できるようになった。

さらに、音声再生時の[ビットマッピング]に、新たに[タイプ3]を追加。PS3向けに独自に開発された手法を使って、より細やかな音を再現できるという。


「ボイスチェンジャー」機能も新たに追加された
また、「ボイスチェンジャー」機能も新たに追加された。音声機器に入力した音声を変化させるもので、高音と低音をそれぞれ5段階に調整できる。AVチャットなどを行う際、自分の声を変化させて楽しむことができる。

(Phile-web編集部)

関連記事