もったいない! BDプレーヤーを持ってないからって、月刊AVレビュー1月号を買わないなんて・・・

2007年12月17日

月刊AVレビュー2008年1月号
世界初(*注1) となる付録企画です。月刊AVレビューはこれまでも読者の皆様をあっと驚かせてきましたが、今回は、ブルーレイディスクを世界で初めて付録にいたします。次号2008年1月号(12月17日発売・特別定価1300円)です。


「FPD Benchmark Software」(注2)

付録のBDをなんとパッケージごと封入
「そんなこと言っても、BDプレーヤー持っていないんだけど」というアナタ。「もったいないぃぃ〜」。本付録BDソフトは非売品、二度と手に入らないかもしれません。永遠にBDを購入しないのなら仕方がないのですが「いつかは次世代」とお考えの方、PS3でも再生できるのにぃ〜。

今回、付録となるソフトは「FPD Benchmark Software」。FPDとはフラット・パネル・ディスプレイの略で、このソフトは、評価用信号による数値評価と高画質実写映像による主観評価で構成されており、薄型テレビの評価を行うことができるものです。薄型テレビを購入したいと考えているAVマニアはもちろんのこと、プロのモニターチェック用途など、幅広い活用が可能な本格仕様です。付録向け限定バージョンです。

月刊AVレビュー1月号では、このソフト使い方について詳細解説を掲載予定。ブルーレイディスク特別付録の月刊AVレビュー1月号は、まもなく、12月17日発売です。
売り切れ必至です、お早めの書店でのご購読をお薦めします。







また、定期購読も受付中。定期購読なら、付録号を確実にゲットできるばかりか、1冊定価980円の前払いなので特別定価になりません。さらにはAVレビューを12冊買い忘れナシでいいことづくめ。定期購読は下記ページからどうぞ。「クレジット払い」、「代引き(1冊目に全額払い)」もご利用できます。

(月刊AVレビュー編集部)

(注1) 2007年11月1日時点。定期刊行月刊誌として。BDビデオプレーヤー再生ディスク。当社調べ。
(注2) ディスクのパッケージ・レーベルデザインは最終のものではありません。
(注3) 付録ソフトの再生にはブルーレイディスク対応プレーヤーが必要です。通常のDVDプレーヤーでは再生できません。