松下電器、CMC社と和解 − DVD関連の特許侵害訴訟を取り下げ

2007年04月02日
松下電器産業(株)は、台湾のCMC Magnetics社および同社の米国関係会社2社に提起していたDVD関連の特許侵害訴訟について和解したと発表した。

訴訟は、松下が保有するDVD関連の特許をCMC社が侵害しているとして、侵害行為の差し止め、および損害賠償を求めていたもの。

和解の内容はDVD±R/±RW、CD-RWのそれぞれの記録型光ディスクについて、両社が10年間のクロスライセンス契約を締結し、松下がCMC社からロイヤルティを受けるというもの。

この件についてCMC社 会長のBob M.S. Wong氏は、「双方が納得できる対価で和解できたことは大変喜ばしい。松下と共存共栄の道を歩んでいきたい」とコメントしている。

松下電器 知的財産権担当役員の福島能久氏は、「弊社の特許の価値が認められ、両社間の係争を早期に解決できたことを歓迎する」と述べている。

(Phile-web編集部)