TI、劇場映写機向けの最新DLPチップ「.98 DLP Cinema」を発表

2007年03月14日

.98 DLP Cinema
米テキサス・インスツルメンツ社は同社が新開発した劇場映写機向けの最新DLPチップ「.98 DLP Cinema」を発表した。

今回新しく発表されたチップは、1999年に投入された現行の「1.2 DLP Cinema」チップと同様に、最大40フィート(約11.5m)のスクリーンサイズでの上映に最適化されている。最大18,000ルーメンの輝度を備え、これまでより“小さく高効率な筐体”への内蔵に有利という。本製品を搭載した映写機は、現在バルコが「DP-1500」および「DP-2000」の2モデルを試作している。

(Phile-web編集部)