2007年春モデルは「薄さ・ワンセグ・ファッション」で勝負 − ソフトバンク・孫社長記者会見

2007年01月25日

ソフトバンクグループ代表 孫正義氏
ソフトバンクモバイル(株)は本日、同社の2007年春商戦向け携帯電話商品の記者発表会を開催した。発表会では同社社長の孫正義氏が登壇し、新製品のコンセプトとビジネス戦略を説明した。

本日同社は新たに発表14機種58色の新商品を発表した。世界的な色彩規格のリーディングカンパニーであるPANTONE社とのコラボレーションにより、世界で初めて単一機種で20色のカラーバリエーションを展開するシャープ製「812SH」の2月上旬発売を皮切りに、続々と新製品が市場に投入されることになる。(新製品関連ニュース


2006年秋冬モデルは地デジ対応モデル、薄型モデルを中心にユーザー満足度が高まったという
同社は昨年発売されたシャープ製のワンセグ対応携帯電話“AQUOSケータイ”が売れ行き好調であるのに加え、一方で他社に先駆けて展開してきたスリムケータイのコンセプトを加速させる。今季のテーマは「もっと薄く、高機能なワンセグケータイ」であると孫氏は語る。またこれまでの携帯電話のデザインについても「不格好で、所有欲をそそるものではなかった。当社が日本人の好みに合致した商品を2006年秋冬モデルで展開してきた成果は確実に表れている。薄さとともに、デザインの魅力と使いやすさも今年の春モデルで注力したポイントの一つだ」とした。

ワンセグの高機能モデルとなる「911T」では、ワンセグに対応しながら約17.9mmのスリムボディーを実現している。またワイヤレスでワンセグや音楽が楽しめるBluetooth通信に対応しており、携帯電話の音楽を外でも高音質に楽しめるヘッドセットや、家の中で楽しむアンプ内蔵スピーカーなど、アクセサリーも充実させている。孫氏は「今後も本体に力を入れつつ、高機能な携帯対応の音響周辺機器も充実させていきたい」と語った。


新機種812SHでは世界初の20色カラーバリエーション展開を発表

812SHのカラーバリエーション

812SHの全カラーバリエーションをファッション・ショウのスタイルでお披露目した
デザインの新しいコンセプトモデルとしては812SHが「春の新製品のベストセラーになるであろうモデル」として紹介された。商品を開発するにあたっては、「使いやすさ」の他にも「エレガンス」を重視したという本機は、キー操作やPCサイトブラウザやモバイルSuica機能の搭載の他、ファッション性を追求して全20色のカラーバリエーションが発売される。


発表会会場には女優の菊川怜さんと上戸彩さんが駆け付けた
今後の商品展開について触れた孫氏は「ソフトバンクが市場の最先端をリードし、薄さ・ワンセグ対応・ファッション性において、魅力的な製品を送り出していきたい」と意気込みを語った。

本日の発表会で行われた質疑応答の模様を以下にご紹介しよう。

Q:新製品はラインナップ、カラーリングともに豊富だが、特に小規模併売店で商品を揃える負担がでてくると思う。これに対してどのように対処していくのか
A:まずはお客様の多様な製品に対する要望に応えたいと考え、今回のラインナップを取り揃えた。小規模なショップでの販売展開については、現在売り場の拡張からディスプレイ什器のサポートまで、当社からのバックアップも含めて検討している段階だ

Q:高速データ通信サービスへの対応については、今後どのように進めていく考えか
A:今回はHSDPA準拠の3Gハイスピードに対応する製品を発売する。今後の高速化についても当然積極化したい。進展や新機種への導入については、適切な時期が来れば随時発表したい

Q:米アップル社が発表した携帯電話「iPhone」についてはどう思うか。またワールドワイドでは携帯電話の開発スピードについてソフトバンクはどのくらいのレベルであると自負しているか
A:iPhoneについては詳しくコメントできないが、素晴らしい携帯電話であるという印象を受けた。ソフトバンクは世界で最も進んだ携帯電話のサービスを行っていると自負している。国内の競合他社に比べてもリードしていると思う

Q:3G基地局の展開は今どれくらい進んでいるか
A:着々と基地局の工事を進めている。当初目標としていた2007年3月期中に46,000カ所へ拡充という目標に向けて、あと数ヶ月だが今は順調に展開している

Q:他社では有機ELディスプレイ搭載モデルが発表されたが、ソフトバンクでの導入予定はないのか
A:今回のモデルにはないが、当然新しい端末で取り組んでいる

Q:携帯電話の薄型化は今後どこまで進むと考えているか
A:薄型化については現在の時点で十分なレベルを実現していると思う。今後は使いやすさとデザインをより高めていきたい


【問い合わせ先】
ソフトバンクモバイル(株)
TEL/0088-21-2000

(Phile-web編集部)