Senka21「2007業界展望」メーカーアンケート − 三菱化学メディア編

2007年01月15日
ハイビジョン用メディアと共に、DVDメディアの優位性も重視。付加価値商品を強く訴求する


(株)三菱化学メディア 総務部長兼
最高情報管理責任者 太村 茂氏


−規格の複雑化やさらなる高画質化など、メディア市場を取り巻く環境も大きく変化を遂げる中で、迎えた2007年、ユーザーのライフスタイルやその消費行動、価値観にどのような変化があると考えるか。

DAPの普及は既存の音楽用メディアを駆逐するという予測があったが、現実にはデジタルオーディオコンテンツの量的拡大とその客層の拡大を生み、その受け皿としてのCD-Rの需要をむしろ押し上げる結果となった。今進展している映像のデジタルコンテンツ化の流れも、同様の傾向に向かうと思われる。撮影、録画、視聴、編集、保存、配布といった各フェイズでデジタル化は進み、それぞれのフェイズ毎に様々なメディアが併存しながら伸長していくが、最後の受け皿としては、汎用性、信頼性、経済性などの要因から見て、DVDメディアの優位性は当分揺るがないと思われる。中でも、デジタル放送の普及拡大を背景にしたCPRM対応DVD、高画質・長時間録画へのニーズに応える片面2層DVD、あるいはより「保存」に特化した高品質 DVDなど、より付加価値の高い商品の需要が中心になると考えられる。

−2007年の御社の事業展開の中心となる商品ジャンル、そこでの需要喚起、市場創造へ向けての取り組みについて、どのような提案・展開を行っていくか。

デジタル放送とハイビジョンがキーとなる。本格的なハイビジョン用メディアとしてのBDとHD DVDについては、その両方について自社開発を行っており、2007年も最新規格品をいち早く市場投入していく。一方で、引き続き需要の中心となるDVDメディアに関しては、デジタル放送の普及に伴い必要性が増すCPRM対応品と、弊社がリードする片面2層ディスクを強く訴求していく。片面2層ディスクは高画質・長時間録画へのニーズに応える現時点での最善の選択肢であり、大きな需要の伸長が予想される。またハイビジョン化が進むカムコーダ用の 8cmDVDに関しても、片面2層へのシフトが進むと思われる。

こうした中、DVDメディアはその規格がますます複雑化している。弊社では昨年来「わかりやすいパッケージ」とそれを側面支援するさまざまな店頭販促ツール、連動するWEBや媒体の企画を進めてきたが、2007年もこれをさらに強化し、ユーザーの商品選択のお手伝いをさせていただきたいと考えている。

(Senka21編集部)