DALI、ミドルクラスのスピーカーシリーズ「MENTOR」の2製品を発表

2007年01月11日
(株)デノンラボが取り扱う、デンマークのブランド・DALIより、ミドルクラスのスピーカーシリーズ「MENTOR」が発表されるとともに、2つの新製品が1月下旬より国内に向けて発売される。


MENTOR 6

MENTOR 2
・「MENTOR 6」(フロア型)/¥504,000(ペア・税込)
・「MENTOR 2」(ブックシェルフ型)/¥294,000(ペア・税込)

新しい「MENTOR」シリーズは、同社の「IKON」シリーズの正確さとスピード感を継承しつつ、「HELICON」シリーズのもつ暖かみのあるサウンドステージの融合を図った、高品位なミドルクラスのスピーカーとして位置づけられる。デノンラボからは、今後もフロア型、ブックシェルフ型ともにラインナップが拡充されていく予定であるという。

製品の持つ特徴としては、はじめに28mmソフトドームと17×45mm超軽量リボンユニットを1枚のアルミプレート上に配置したハイブリッド・トゥイーター・モジュールの採用にある。互いのユニットが相互に干渉しないよう、綿密な距離計算がされるとともに、ミリ単位でコントロールされたポジションに配置されている。結果として、広範囲に渡った均一なディスパージョンが獲得されている。

ウーファーユニットは「Euphonia」や「Helicon」、「IKON」シリーズでもおなじみとなっている、ペーパーパルプにウッドファイバーを組み合わせたコーンを、大型マグネットに組み込み、新開発のアルミニウムダイキャストのシャーシにマウントしている。コーンの素材や形状、センターキャップやコーティングに至るまで、ドライバーのクオリティーに関連する要素がすべてコンピューター解析等によりチューニングされた、シリーズに最適なドライバーとしている。

クロスオーバーネットワークは、それぞれのユニットがフルに性能が発揮できるよう、シンプルな設計としている。タイミングのズレと位相特性については、殊さらに注意が払われており、厳選された高品位なパーツを採用するとともに、無共振ファイバーボードの上に手作業で配線されている。

キャビネットはサイド19mm、フロント/リア28mm厚のMDFバッフルボードを採用し、表面をつややかな光沢感のあるリアルウッドで仕上げている。フロントは20mm厚のバッフルボードと2層構造とし、ドライバー自身の振動をシャットアウトしている。キャビネット内部は広範囲にブレージングを配置し、内部の共振や振動ノイズを徹底排除している。

その他にも最適な排気を実現するリアバスレフポートや、極太ケーブルの接続を可能にする金メッキ大型スピーカー端子が採用されている。

【問い合わせ先】
(株)デノンラボ
TEL/03-6731-5561

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドDALI
  • 型番MENTOR 6
  • 発売日2007年1月下旬
  • 価格¥504,000(ペア・税込)
【SPEC】●ユニット:高帯域 17×45mmリボン 28mmドーム、中帯域(低音域と一部併用)、低帯域 165mm ●周波数レスポンス(±3dB):35Hz〜34,000Hz ●クロスオーバー周波数:800Hz、3.4kHz、12kHz ●定格インピーダンス:6Ω ●入力感度:89.5dB ●外形寸法:290W×1,028H×405Dmm ●質量:23.5kg
  • ブランドDALI
  • 型番MENTOR 2
  • 発売日2007年1月下旬
  • 価格¥294,000(ペア・税込)
【SPEC】●ユニット:高帯域 17×45mmリボン 28mmドーム、低帯域 165mm ●周波数レスポンス(±3dB):39Hz〜34,000Hz ●クロスオーバー周波数:3.4kHz、12kHz ●定格インピーダンス:6Ω ●入力感度:89.5dB ●外形寸法:195W×440H×365Dmm ●質量:10kg

関連記事