ソニー、130万画素のデジカメを内蔵したICレコーダー

2005年04月19日

液晶ディスプレイは開閉が可能

「ICD-CX50」
ソニーマーケティング(株)は、デジタルカメラ機能を搭載したICレコーダー「ICD-CX50」を5月21日より発売する。価格はオープンだが42,000円前後での販売が予想される。

同社では、本機を「デジタルカメラ機能を搭載し、音声と写真を一台で同時に記録できる“ビジュアルICレコーダー”」として訴求する方針。

本機は、ステレオICレコーダー本体に回転式レンズと有効130万画素CCD、開閉可能な1.2型カラー液晶を搭載。録音しながら写真撮影ができるほか、撮った写真に後から音声コメントをつけて録音することもできる。

内蔵メモリは256MB。音声と写真を同時に記録した場合の例として、約11時間のステレオ録音と約2000枚の写真の記録ができる。

同時に記録した写真と音声ファイルは連動させることができ、本体液晶画面を見ながら写真で音声ファイルの検索などができるなど、ファイルの検索・管理に便利な“ピクチャーブックマーク”機能を搭載。用件を再生しながら撮影すれば、任意の場所に画像をブックマークとして追加することができる。

記録した音声・写真のデータはUSB接続でパソコンに転送でき、付属のパソコン用アプリケーションウェア「Visual and Voice Editor(ビジュアル アンド ボイス エディター)」を使って、パソコン上で一元管理が可能。
 
【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株) 
お客様ご相談センター 
TEL/0570-00-3311

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番ICD-CX50
  • 発売日2005年5月21日
  • 価格\OPEN(予想実売価格42,000円前後)