ナビオ、150インチの大画面電動スクリーンを発売

2005年04月01日

NAVIO SCREENの150インチ電動スクリーン
ナビオ(株)が販売する電動スクリーンに150インチ、140インチ、130インチのモデルが新しくラインナップされた。価格は、150インチ/ホワイトマット(16対9)モデルで税込126,000円を実現している。各モデルの詳細は下記の通りだ。

【価格表】(ブラックマスクモデル/ケース無し/16対9/税込、専用リモコン付属)
<ホワイトマット>
\78,750(110インチ)/\82,950(120インチ)/\102,900(130インチ)/\115,500(140インチ)/\126,000(150インチ)
<グレイマット>
\84,000(110インチ)/\89,250(120インチ)/\113,400(130インチ)/\126,000(140インチ)/\136,500(150インチ)
<サウンドスクリーン>
\89,250(110インチ)/\94,500(120インチ)/\123,900(130インチ)/\136,500(140インチ)/\147,000(150インチ)


シンクロナスモーターをパイプ内に収納
本製品では、新開発の機構により、コンパクトで高性能なシンクロナスモーターをパイプ内に収納し、スクリーン幅と機械幅がほぼ同一のサイズを実現した。今回は有効幅一杯までスクリーン生地に活用するために、あえてアルミケースを備えない仕様とした。


巻取パイプ
巻取パイプにはφ80サイズのものを採用し、内部は、タワミ防止軸との2重構造の特殊リブ機構を搭載。パイプのたわみを少なくし、重量の関係から自然と発生しがちであった「V字しわ」の発生も抑えている。また、今回はφ68サイズの巻取パイプを、110インチと120インチにも採用することにより、V字しわの発生を抑えることに成功している。両サイズモデルにはアルミケースは付属しない。130インチ、140インチ、150インチサイズモデルではφ80サイズの巻取パイプを採用し、こちらもアルミケースなしのみとなる。

生地については、ナビオ独特のランダム開孔を採用し、モワレがなく自然な色調を実現する。サウンドスクリーンでは、孔そのものが全く気にならないクオリティを実現する。生地の種類は、ホワイトマット、グレイマット、サウンドスクリーンから選択が可能。形状は110〜150インチモデルについては16対9のみとなる。

【問い合わせ先】
ナビオ(株)
TEL/03-5480-5660

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドNAVIO
  • 型番本文を参照
  • 発売日2005年4月
  • 価格本文を参照

関連記事