カノープス・ネットワン・IBMがデジタル映像配信・保存ソリューションを共同開発

2005年03月08日

カノープス(株)、ネットワンシステムズ(株)、日本アイ・ビー・エム(株)の3社は、中堅・中小規模放送局やCATV向けのデジタル映像配信・保存ソリューションを共同開発し、3月8日より提供することを明らかにした。

現在放送業界で使用されている自動送出システム(APC)は、専用の機器で構成され、一般的に3,000万円程度の投資が必要とされている。

今回3社が発表したデジタル映像配信・保存ソリューションは、デジタル映像を取り込み蓄積し配信するカノープスのソリューション、ネットワンシステムズのネットワークソリューション、そして日本IBMのIAサーバー「IBM eServer xSeries」及びストレージ「IBM TotalStorage DSシリーズ」を組み合わせたオープン構成となり、最小構成価格は500万円と低価格で実現が可能になる。APCに保存の機能とネットワークを加えた平均的な構成でも、1,000万円程度の価格となり、APCに比べ約3分の1の低価格となる。

3社は地方テレビ局やCATV局などにおいてこのソリューションを活用することにより、現行のアナログ放送を放映と同時にデジタル・データとしてストレージに保存することができるとしている。MPEG-2相当の映像の場合は、ストレージ1TBで約350時間の保存、ライブラリー化が可能である。保存したデジタル・データは、将来のデジタル放送への対応、他局への再販やインターネット放送への二次利用などに利用ができ、従来ビデオ・テープの配送によってやりとりしていたデータをネットワークを介して即時に行えるようになる点も特徴としてあげられている。

【問い合わせ先】
カノープス システム営業部
TEL/03-3516-2528

(Phile-web編集部)