日本TI、低コスト新型DLPチップを発表。1080pモデルも本年中に登場

2005年03月01日

DMDパネル「DLP.55」
日本テキサス・インスツルメンツ(略称:日本TI)は、XGA (1024×768) の解像度を低コストで実現するDMDパネル「DLP.55」を発表した。

DLP.55は、0.55インチの小型化と高いコストパフォーマンスを実現したDLPテクノロジーの核となるDMD(デジタル・ミラー・デバイス)。同じくXGAの既存パネル「DLP.7」に比べ小型化したことで、搭載する製品の小型化も容易になる。2月にプラスビジョン(株)が発表したプロジェクター「U5-532」にはDLP.55が搭載されている。

本日同社は都内にて記者説明会を行い、新パネルの発表や同社の今後の展開の説明、DLP搭載最新製品のデモンストレーションなどを行った。説明会には同社 DLP事業部長のアダム・クンズマン氏が出席した。

DLP事業部長 アダム・クンズマン氏

はじめにクンズマン氏は、ホームエンタテインメントの発展とともに同社にとって重要な時期が訪れたと語り、DLPテクノロジーの説明に移った。

DLPテクノロジーは大きく分けてフロントプロジェクター、リアプロジェクションテレビ、DLPシネマの3つのジャンルで採用されている。フロントプロジェクター用のパネルは2005年度には480万台出荷の予定で、2009年には1500万台まで出荷数が伸びると予測しているという。現在DLP方式を採用したプロジェクターは275製品あり、今回発表のパネルにより、より低価格で高性能な製品が今後登場すると語った。

リアプロジェクションテレビにおいては、現在シェアが急成長を遂げており、DLP方式を採用するブランドも拡大中であるという。同社では1080P対応のDMDパネルも開発を完了。本パネルは、解像度960×1,080ドットのDMD素子のミラーを通常の2倍の速度で駆動することで1つの画素から2ドット分の描画画素を作り出す技術「SmoothPicture」を採用しているもので、同パネル搭載のリアプロジェクションテレビは本年中に発売されるという。

フロントプロジェクターの説明

リアプロジェクションテレビの説明

DLPシネマは、映画館でフィルムに代わる投影方式として同社が開発した技術で、すでに285のスクリーンで採用されている。日本では現在35のスクリーンで採用、2005年第1四半期に新たに11スクリーンが追加される予定だという。

DLPシネマの概要

フロント/リアプロジェクターの素子としてトップシェアを獲得

以下に説明会で行われた質疑応答の内容を掲載する。

TIが試作した70型リアプロも展示

三菱が開発した手のひらサイズのDLPプロジェクターは本年中に発売予定

Q.1080Pのパネルの供給時期は?
A.プリプロダクションのサンプルは出しているので、製品の発売はメーカー次第です。

Q.1チップ構成だとカラーホイールによるカラーブレーキングノイズなどが出てしまうが対策は考えているか?
A.顧客満足度の点から見れば問題は無いと思っています。ピクチャークオリティに関する開発は行っているが、カラーホイールに関する対策は今のところ行っていません。

Q.DMDパネルの具体的な生産数は? キャパシティは?
A.市場の需要に十分に対応できるだけの体制が調っています。


(Phile-web編集部)