HOME > ニュース > ソニー、SACDトランスポートのリファレンスモデルを受注生産

ソニー、SACDトランスポートのリファレンスモデルを受注生産

2004/08/12
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

「SCD-DR1」

背面端子部
●ソニーマーケティング(株)は、SACD/CDトランスポート「SCD-DR1」を9月21日に発売する。本機は受注生産モデルで、価格は126万円(税込)。

本機は5年前に発売された「SCD-1」に継ぐ、同社SACD/CDトランスポートのリファレンスモデル。外観のデザインはフルデジタルステレオアンプ「TA-DR1」とのマッチングが図られている。i.LINKによる同機との接続も可能だ。


本機のリモコン
ドライブ部は高精度な信号読み取りを追求したリジッドマウントを採用。光学ピックアップ、ドライブモーターなどを搭載したベースユニットを強固なシャーシに固定することで、外部からの振動を遮断し、ディスク回転による共振を抑制している。

デジタル出力部とD/A変換部それぞれの直近にはマスタークロックを配置。専用のマスタークロックを使用状況に応じて使い分けることでジッターの発生を抑え、信号処理の時間軸精度を高め、デジタル出力/アナログ出力ともに高音質化を実現した。

電源部は、デジタル系/アナログ系を分離するとともに、サーボ系も独立させ、それぞれにRコアトランスを搭載。これによりパルス波形の乱れを排除し、クリーンなデジタル信号出力を実現した。また、アナログ信号処理部では、電源を通じて侵入するデジタル系/サーボ系の高周波ノイズを遮断し、ノイズが少なくクオリティーの高い安定した音質を獲得している。

また筐体には、最大15mm厚のアルミ削り出しブロックによるフレームと、ベースユニットを固定するビーム(梁)を組み合わせた高剛性シャーシを採用した。

【問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL:0570-00-3311

(Phile-web編集部)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

製品スペックやデータを見る
  • ブランドSONY
  • 型番SCD-DR1
  • 発売日2004年9月21日
  • 価格126万円(税込)
【SPEC】
●D/Aコンバーター:スーパーオーディオD/Aコンバーター ●周波数特性:2Hz−50kHz(スーパーオーディオCD)、2Hz−20kHz(CD) ●ダイナミックレンジ:110dB以上(スーパーオーディオCD)、100dB以上(CD) ●全高調波ひずみ率:0.001%以下(スーパーオーディオCD)、0.0017%(CD) ●デジタル出力:i.LINK×1、光×1、同軸×1、バランスドデジタル×1 ●アナログ出力:1系統(ステレオ) ●外部入力:ワードシンク×1 ●消費電力:22W ●外形寸法:340W×140H×465Dmm ●質量:18.5kg