五輪景気の好調を維持、NEBAの6月度売上げ速報

2004年07月26日
●日本電気大型店協会(NEBA)は、今年6月の販売実績速報を発表した。6月度の販売実績速報は前年同月比96.71%となり、2カ月ぶりに前年を下回ったものの、テレビやDVDがアテネ五輪商戦の盛り上がりを堅持した。

下記の速報値は、加盟店34社19事業所中30社19事業所の回答によるデータとなる。

■6月度総販売額(千円) 162,061,343/前年比96.71%
■総店舗数 2,327店/前年比-54店
■総従業員数 30,242人/前年比-657人

<地区別の総販売額(千円)/前年比>
北海道地区 3,402,629/96.29%
東北地区 8,780,929/86.72%
関東地区 41,932,984/91.27%
中部地区 28,948,199/89.99%
近畿地区 39,176,484/102.98%
中四国地区 21,424,149/107.28%
九州地区 18,395,969/103.45%

<前年比ベスト5商品(品目 前年比)>
1 DVD 149.07%
2 テレビ 127.54%
3 エアコン 120.70%
4 洗濯機 100.26%
5 冷蔵庫 98.35%

<前年比ワースト5商品(品目 前年比)>
1 パソコン本体 77.55%
2 携帯電話機 78.20%
3 電話機FAX 82.53%
4 ビデオカメラ 82.80%
5 その他OA機器 84.79%

※ベスト5、ワースト5とも対象は構成比1.00%以上

(Phile-web編集部)