バッファロー、ノートパソコンでTVが楽しめるキャプチャカードを発売

2004年07月14日

PC-SMP2E/CB
●(株)バッファローより、MPEG2ソフトウェアエンコード TVキャプチャカード新製品「PC-SMP2E/CB」が8月上旬より発売される。価格は10,600円。対応OSはWindowsXP/2000。

本製品はCardBus対応のMPEG2ソフトウェアエンコードTVキャプチャカード。TVチューナーやキャプチャー機能を搭載していないノートパソコンでも、CardBusスロットに差込みアンテナ線を接続するだけで、パソコン上でのTV番組の視聴・録画が可能になる。電源はバスパワー供給でアダプター不要。

内蔵チューナはステレオ/2ヶ国語に対応、国内アナログ放送からCATVまで幅広く受信ができる。パソコン上での視聴はダイレクトプレビューによる負荷の少ない画像表示と、映像情報をリアルタイムに最適化する「Active Color Control機能」でよりくっきりとした鮮やかな映像が楽しめる。内蔵エンコーダは9bitエンコードに対応し、MPEG1/2のほかWMVやAVI形式の録画もサポートする。

MPEG2エンコードエンジンには、高画質設定時でもCPU負荷を従来より軽減する「新動き予測アルゴリズム」を採用してコマ落ちを最小限に抑えている。また低負荷で高速な転送速度を実現するCardBus接続により、CPU負荷を低く抑え、軽快な動作を実現する。

付属の高機能コントロール&キャプチャソフト「PcastTV Ver1.4 HomeNet Edition」は、ハードディスク録画を最大限に活用する様々な機能を搭載。インターネットの番組表から簡単に録画予約可能な「iEPG」に対応する。同一ネットワーク上のパソコンや「LinkTheater」からの録画予約、ファイル再生も対応する。録画では容量に合わせて最適な画質に調整する「おまかせ画質機能」を搭載したほか、別途コーデックを併用したMPEG4などへのリアルタイム変換や「追いかけ再生」による視聴も可能だ。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドBUFFALO
  • 型番PC-SMP2E/CB
  • 発売日2004年8月上旬
  • 価格\10,600
【SPEC】●動画圧縮形式:MPEG-1、MPEG-2、WMV、AVI ●音声圧縮形式:MPEG-1レイヤ2 ●受信ch:VHF 1〜12ch/UHF 13〜62ch/CATV C13〜C63 ●入出力端子:アンテナ入力(F型コネクタ)、コンポジットビデオ入力(RCAピンジャック)、Sビデオ入力(ミニDIN4ピン)、オーディオ入力(RCAピンジャック[L/R] ●対応バス:PC Card規格準拠TypeII CardBus ●外形寸法:W133×H55×D20mm ●質量:約51g (梱包時350g)