TDK、高品位オーディオカセット「ニューAE」シリーズを発売

2004年07月14日

ニューAEシリーズ
●TDKマーケティング(株)は、オーディオカセットAE(ノーマルポジション)をモデルチェンジし、ハイクオリティなサウンドといっそうの使いやすさをコンセプトに開発した「ニューAE」シリーズを9月1日から発売する。

単品は10分から150分までを用意。3巻パック、4巻パック、11巻パックなどのパッケージモデルも販売される。ラインナップは以下の通り。

■単品:AE-10G/AE-20G/AE-30G/AE-46G/AE-60G/AE-90G/AE-120G/AE-150G
■3巻パック: AE-90×3G/AE-120×3G/AE-150×3G
■4巻パック: AE-10×4G/AE-20×4G/AE-30×4G/AE-46×4G/AE-60×4G
■11巻パック: AE-10×11G/AE-20×11G/AE-30×11G/AE-46×11G/AE-60×11GAE-90×11G/AE-120×11G/AE-150×11G

価格はすべてオープンだが、120分タイプの単品が200円、3巻パックが400円、11巻パックが1,200円前後での販売が予想される。

今回、幅広い年齢層のAEユーザーに対してグループインタビューなどを実施したところ音質と使いやすさの向上が要望として挙がり、特に使いやすさの面で様々な意見が出たという。その結果をもとに、音質だけでなく使いやすさを重視して開発を行った。ハーフに貼るタイトルラベルのサイズを大きくする、録音内容を記入するインデックスカードの罫線の幅を広げる、ハーフのA面/B面表示をもっとわかりやすくする、片面の録音時間をハーフに分数表示する、パッケージの開封箇所を大きく表示するなど、様々な工夫が施されている。

もちろん、テープには高性能のものを採用し、高MOL特性を実現。ニューAEのMOL(Maximum Output Level=実用最大出力レベル)特性は低域で+4.0dB、高域で-6.5dBと、LNカセットではトップクラスだ。また、20kHz以上の超高域まで伸びる周波数特性、-55.0dBという低バイアスノイズななどもあわせて達成した。

【問い合わせ先】
TDKサービスステーション
TEL/03-5201-7272

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTDK
  • 型番ニューAE
  • 発売日2004年9月1日
  • 価格\OPEN

関連記事