アイ・オーの「AVeL LinkPlayer」がWMV、XVD対応にアップグレード

2004年06月30日

AVeL LinkPlayer
●(株)アイ・オー・データは、DVDドライブ搭載ネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」のサーバーソフト・アップグレードの無料配布を開始した。

「AVeL LinkPlayer」は、パソコンやLAN接続ハードディスクに録りためたさまざまな映像・画像・音声コンテンツを、ネットワーク経由でテレビやオーディオ機器で楽しむことができるメディアプレーヤー。DVDドライブを搭載し、DVDビデオの再生も可能だ。

今回のサーバーソフト・アップグレードにより、新たにWindows Media Video(WMV)やXVDムービーの再生に対応。WMVやXVDのデータをMPEG-2にリアルタイム変換しながら、リンクプレーヤーに映像データを送る「リアルタイムトランスコード再生機能」を搭載することで再生を実現した。

また、同社TVキャプチャー製品添付のオリジナルソフト「mAgicTV4」で録画した番組のEPG情報が、リンクプレーヤーで表示できる「mAgicTV録画フォルダ参照機能」を追加。さらに、パソコンにつないだ小型・軽量ムービーカメラ「MotionPix(AVMC212)」と、マルチメディア・ポータブル・ハードディスク「GRANDISK」のAVファイルに、リンクプレーヤーから直接アクセスすることが可能となった。

【問い合わせ先】
(株)アイ・オー・データ機器
インフォメーションデスク:
TEL/03-4288-1039
TEL/06-4705-5544
TEL/076-260-1024

(Phile-web編集部)