NECエレクトロニクス、3次元NR&YC分離機能などを1チップで実現するシステムLSIを開発

2004年06月28日

「μPD64012」
●NECエレクトロニクス(株)は、3次元ノイズリダクション機能や3次元YC分離機能など、従来は3つのLSIと1つの回路を必要としていた5種類の機能を1つのシステムLSIで実現した製品「μPD64012」を6月28日より出荷する。

同社では、ビデオデコーダーに必要となるLSIや回路の全てを自社製品で開発し、それらを個別に製品化してきた。今回の新製品では、個別のLSIの開発で得たノウハウを先端の回路技術を駆使して小型化し、1チップに集積した。また複数の外部メモリの接続を1つに統合できるユニファイドメモリ技術を活用したことなどにより、製品化へと結びつけた。「μPD64012」では以下の5つの機能を1つのシステムLSIで実現している。

・アナログ動画信号を高画質でデジタル動画信号に変換できるビデオデコーダ機能
・米国や日本で採用されているカラーテレビ放送の伝送信号規格であるNTSCおよびヨーロッパで採用されている同PAL、SECAMという全世界の放送方式に対応し、アナログ動画信号からノイズ成分を検出して抜き取り、画像のちらつきなどを防止する3次元ノイズリダクション機能
・動画信号の帯域を超えたノイズ信号を排除するアンチ・エイリアス・フィルタ機能
・欧州で普及しているScart方式、日本で普及しているS信号方式、全世界で普及しているコンポーネント方式およびコンポジット方式という、AV機器間のあらゆるインターフェース規格への対応機能
・NTSC信号の輝度信号と色信号を正確に分離し、画像ノイズを削減する3次元Y/C分離機能

同社では今回の新製品を用いることによるアドバンテージとして、LSIを搭載する基板サイズを従来比約5割に小型化ができる点、システムを構成する部品価格を従来に比べて約3割削減できる点などを挙げている。

製品のサンプル価格は3,000円となり、本年12月からの量産開始が予定されている。量産規模は月産50万個。

【問い合わせ先】
NECエレクトロニクス 半導体ホットライン
TEL/044-435-9494

(Phile-web編集部)