<CES2004レポート2>「2004インターナショナルCES」がついに開幕!

2004年01月09日
多くのホームシアター製品が展示されているサウスホールのメインエントランス/セントラルホールのコンコースにも多くの来場者がひしめいている
●現地時間1月8日、世界最大の家電・コンピューター関連見本市「2004インターナショナルCES」が開幕した。会場はラスベガスのコンベンション・センターで、会期は1月11日まで。

Phile-webからも、AVレビュー誌、オーディオアクセサリー誌とともにレポーターを派遣し、現地から最新レポートをお届けする。なお、Phile-web編集部だけでなく、前記の各編集部からも独自のニュースをお伝えし、さらに、山之内正、会田肇の両氏からも、評論家ならではの視点でレポートを執筆してもらう予定だ。

CESの会場は大きく「North Hall」「Central Hall」「South Hall」に分かれている。ノースホールではモバイルエレクトロニクス、セントラルホールではオーディオビジュアル、サウスホールではホームシアター関連製品などが展示されている。なお、ピュアオーディオ関連メーカーは、コンベンションセンターに隣接したアレクシス・パークやヒルトンホテルなどに多くのブースを構える。

初日はオーディオビジュアル関連の大メーカーを中心に、各ブースの展示内容を紹介していく。

(Phile-web編集部)

[ces2004]