フジフイルム、「スーパーCCDハニカム」を搭載した携帯電話向けカメラモジュールを開発

2003年10月29日
FM42000
●富士写真フイルム(株)は、有効画素数100万画素、最大記録画素数1632×1224(200万画素)の「スーパーCCDハニカム」を搭載した携帯電話向けカメラモジュール「FM42000」を開発したことを明らかにした。同社では本製品を今年の秋以降に発売されるカメラ付き携帯電話向けに供給を開始しながら、光学電子部品事業に本格参入する構えだ。

同社では携帯電話市場において「よりクオリティの高い写真」を希求するユーザーの声がますます高まる中で、昨年より、デジタルカメラ「FinePix」で定評のある独自の「スーパーCCDハニカム」を携帯電話向けに最適化し、携帯電話機メーカーに供給してきた。 今回、供給を開始するカメラモジュール「FM42000」は、携帯電話に適するように 小型化、高画質化を実現した有効画素数100万画素、最大記録画素数1632×1224(200万画素)の「スーパーCCDハニカム」を搭載し、超小型、高感度、低ノイズなどを実現したものであるという。また同社の製品として定評の高いFUJINONレンズを搭載し、隅々まで歪み無くクリアでシャープな画像を実現している。さらに、デジタルカメラ「FinePix」シリーズで実績のある「高密度実装・高精度組み立て技術」を駆使し、 超高画質と超小型サイズを達成した。

同社では今後プリント時にも高画質を楽しめる、高機能なカメラモジュールを携帯電話や携帯情報端末向けに開発・供給して行く考えである。

●撮像素子:1/3.8型スーパーCCDハニカム
●有効画素数:100万画素
●記録画素数:1632×1224画素(200万画素)
●レンズ:FUJINONレンズ
●構成:3群3枚
●焦点距離:3.9mm(35mm換算36mm)
●F値:F4.0
●マクロ機能:あり(ピント位置7cm)
●フレームレート:10フレーム/秒(全画素モード、12MHz時)
●最低被写体照度:2ルクス (全画素モード時)
●消費電力:210mW
●電源電圧: 3.2〜5.5V
●質 量:約3g

【問い合わせ先】
富士写真フイルム(株)
電子映像事業部
TEL/03-6418-9286

(Phile-web編集部)