<A&V FESTA 2003レポート>SACD/DVDオーディオの魅力を存分に堪能できる

2003年10月23日
<左>SACDブースはハイエンド試聴システムを用意 <右>DVDオーディオはカーオーディオも訴求。デモカーを用意する
●A&Vフェスタでは、スーパーオーディオCDアライアンスとDVDオーディオプロモーション協議会の各団体もブースを構え、それぞれの対応機器やソフトを大量に展示している。

SACD陣営は試聴コーナーに力を入れ、メインコーナーではB&Wのノーチラス801×5本、PASS LABSのモノラルパワーアンプ「X600」×5台を使った超弩級システムを展開。また、シャープの1ビットオーディオを使った小ぶりなシステムも用意し、好みにあったシステムでSACDの音が体験できる。

DVDオーディオは、ソフトはもちろんのこと、対応ハードの多さをアピールする構成。パソコン周辺機器を強く訴求するなど、DVDオーディオならではの魅力を打ち出していた。また、カーオーディオへの注力ぶりも鮮明に打ち出し、スーパーオートバックス製作のデモカーを展示。乗り込んで試聴することもできる。

(Phile-web編集部)

avfesta2003