インタービデオが「WinDVD 5」のDVDオーディオ対応版を発売

2003年10月15日
WinDVD Platinum 5 for DVD-Audio
●インタービデオジャパン(株)より7月に発売されたソフトウェアDVDプレイヤーの最新バージョン「WinDVD 5」に、DVDオーディオに対応したフルスペックバージョン「WinDVD Platinum 5 for DVD-Audio」が10月31日よりラインナップ製品として加わる。価格は12,800円。

「WinDVD 5」シリーズは複数アプリケーションの操作やWebを閲覧しながらでも、長時間安定したDVDの視聴を可能にした高い性能がうりだ。今回はDTS-ESおよびDolbyDigital EXの6.1/7.1マルチチャンネル・サラウンド機能が組み込まれたAudio Boosterを搭載した「WinDVD Platinum 5」をベースに、さらにDVDオーディオパックを搭載し、最高のクオリティで再生することを可能にした。クリエイティブメディア(株)の「Sound Blaster Audigy2」シリーズのサウンドカードと組み合わせ、DVDオーディオのフルスペックである24Bitサンプリング周波数192KHzの2チャンネルから、24bit/96kHzの6チャンネルまでのハイクオリティ&マルチチャンネル再生に対応した。

静止画情報の再生表示にも対応し、さらにボーナスグループを持つタイトルの場合は4桁のKey番号を入力することにより、ボーナスグループのトラックを再生することができる。また16:9のワイドスクリーンモニターへの対応を強化し、詳細設定を行える「スマートストレッチ」機能を搭載。これにより4:3のソースをフルスクリーンへ、16:9ビデオソースを4:3へ自然に表示できる。

再生時間スピードおよび時間をコントロールするタイムストレッチ機能も拡張した。「終了時間を指定」「指定時間で再生」の機能を搭載し、指定した時間に合わせ再生スピードを自在に変え再生できる。静止画の取り込みを行うキャプチャブラウザや、再生ポイントを指定するブックマークブラウザなど拡張ブラウザのリサイズも可能になった。これにより、同時に表示できる静止画カットやブックマーク・カットの数を変更したり、プレイリストの名称編集も行える。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドINTER VIDEO
  • 型番WinDVD Platinum 5 for DVD-Audio
  • 発売日2003年10月31日
  • 価格\12,800
【SPEC】
●対応OS:Microsoft Windows 98SE/Me/2000Professional/XP日本語版
●再生可能フォーマット: DVD-Video、DVD-Audio、VCD 2.0、SVCD、オーディオCD、DVD-RAMおよびDVD-RWでのVR(ビデオレコーディング)フォーマット、(ASF、ASX、AVI、MPG、MPEG、M2V、VOB、DAT)のビデオファイル、(AC3、DAT、M2A、M2P、MPG、MPEG、MP3、M3U)のオーディオファイル
●オーディオデコード機能:Dolby Digital、Dolby Digital EX、DTS、DTS-ES、MLP(Meridian Lossless Packing; Packed PCM)、24bit/96KHzリニアPCMオーディオ、MPEGオーディオ
●マルチチャンネル サラウンド機能:Dolby Digital、Dolby Digital EX、Dolby Pro Logic II、DTS、DTS-ES、5.1/7.1ch ICE(InterVideo Channel Expansion)、マルチチャンネルMP3再生
●バーチャルサラウンド機能:Dolby Headphone、Dolby Virtual Speaker、SRS TruSurroundXT、SRS TruSurroundXTヘッドフォン

関連記事