<INTERNATIONAL AUDIO SHOWレポート>ナスペックのブースでは来年1月から販売される新製品に注目

2003年10月10日
左)Joseph Audioの新しいスピーカー「Pearl」の試聴も行う 右)North Star社の各新製品
●(株)ナスペックからは注目すべき新製品を中心に豊富な取り扱いブランドからの製品が数多く並ぶ。アメリカのJoseph Audio社からは3Wayバスレフ型スピーカー「Pearl」が日本初上陸。LCRを直列/並列を組み合わせて120dB/octにおよぶスケールで実現させたインフィナイトスロープと呼ばれるクロスオーバーが本製品の特徴である。本製品の価格はまだ未定だが、来年1月1日の発売を予定しているという。

イタリアのNorth Star社からはプリアンプ「LPA03」、モノパワーアンプ「MPA03」を展示。両製品ともに価格はまだ未定で、来年1月1日の発売を予定している。またthe J-1 ProjectからはDC12V/AC100Vインバーターバッテリー電源「PBP-1」が登場。発売は11月21日を予定しており、予価は35万円となる。Wireworldからもケーブル製品のラインナップが勢揃いするほか、フランスのCarin、Triangle、イタリアのPathosなど、実力派の高級オーディオブランドから出展される製品にも注目だ。

[tias2003report]

(Phile-web編集部)

関連記事