<井上千岳のINTERNATIONAL SHOWレポート>リン AVとオーディオ、二通りのデモ

2003年10月10日
UNIDISKとAKURATEでマルチチャンネルのデモを
●リンのブースは例年通り二部屋あって、片方はAV系、他方はオーディオ系という図式も基本的に変わらない。ただ今年はオーディオの方でもマルチチャンネルを聴くことができる。というのもユニバーサル・プレーヤーUNIDISKが中心にあるからだ。
 
UNIDISKはリンの自社開発によるドライブ・メカニズムを使用したモデル。この自社開発というところが重要で、現在ユニバーサル・プレーヤーのメカはごくわずかなメーカーの供給に頼っているのが現状だからだ。ハイエンド・メーカーでしかもメカニックに定評のあるリンが独自に開発したという点に、多分に業界的ではあるが興味がそそられる。
 
UNIDISKは5月のフランクフルト・ハイエンド2003で初めて姿を現したが、大掛かりなショーではこれが二度目ではないだろうか。これに対応して、スピーカーはAKURATEが用意されている。フラッグシップ機KOMRIの設計を踏襲した高級モデル。このシリーズで5・1chを組んでAV系の視聴を行っている。またオーディオ系はKOMRIをフロントに据えたマルチチャンネル。こちらは映像はなしで、専らSACDが対象である。なおプリアンプにはKISTOが使われている。リンの最高級の音で、今年はマルチチャンネルをたっぷり楽しんでもらいたいものだ。

(井上千岳)

[tias2003report]