10月第1週の「DVD TOP20」「CD TOP20」ランキング情報をお届けします!

2003年10月09日
●皆様にご愛読いただいております、今週の「DVD TOP20」「CD TOP20」のチャートが更新されました。今週1位に輝いたソフトはこちら!

<DVD総合部門>
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 コレクターズ・エディション
------------------------------------------------------------------------
世界的大ヒットとなった『ロード・オブ・ザ・リング』の第2部『二つの塔』が、今週初登場1位を獲得。コレクターズ・エディションとして、ドキュメンタリー「二つの塔」の舞台裏 ドキュメンタリー「中つ国への帰還」 ショートフィルム“The Long and Short of It” by ショーン・アスティン “The Long and Short of It”メイキングなど2時間30分以上の特典映像を収録。

<DVD音楽部門>
GLAY HIGHCOMMUNICATIONS 2003/GLAY
------------------------------------------------------------------------
GLAYのライブ映像作品『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS 2003』が、2週連続1位を獲得。【収録】Disc 1:OPENING HIGH COMMUNICATION BROTHEL CREEPERS ALL I WANT 誘惑 春を愛する人 girlish MOON Way of Difference ゆるぎない者達 HOWEVER GIANT STRONG FAUST SUPER STAR FAT SOUND COME ON!! 2003 いつか ほか Disc 2:ツアードキュメント (マルチアングル仕様)

<DVD映画その他部門>
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 コレクターズ・エディション
------------------------------------------------------------------------
『ロード・オブ・ザ・リング』の第2部『二つの塔』が、初登場1位を獲得。闇の勢力に行く手を阻まれ、離れ離れになった旅の仲間たちの運命は? 滅びの山を目指すフロドは、果たして指輪を葬り去ることができるのか!? 【監督】ピーター・ジャクソン  【原作】J.R.R.トールキン 【出演者】イライジャ・ウッド リブ・タイラー ケイト・ブランシェット ヴィゴ・モーテンセン  イアン・マッケラン  ほか

<CDシングル部門>
AMBITIOUS JAPAN!/TOKIO
------------------------------------------------------------------------
今週の初登場1位はTOKIO。品川駅開通、"のぞみ"自由席設定&増発と話題満載だった新幹線まわり。そしてこの表題曲が、新幹線と一緒にDASH!するTOKIOメンバーの映像をバックにJR東海CMソングとして駆け巡った。【収録曲】AMBITIOUS JAPAN! 駅・ターミナル AMBITIOUS JAPAN! (Backing Track) 駅・ターミナル (Backing Track)

<CDアルバム部門>
ケツノポリス3/ケツメイシ
------------------------------------------------------------------------
今週の1位は、DVD作品もロングセールスを記録したケツメイシのニューアルバム。前作「ケツノポリス2」から約1年半、爽快なサマーチューン「夏の思い出」、深みを増した「太陽」などを収録。【収録曲】(バテバテ) はじまりの合図 夏の思い出 1日 家に帰ろう 明日の少年 (マブーハイ) 夜の天使 失恋 ほか

<CD洋楽部門>
女子十二楽坊〜Beautiful Energy〜/女子十二楽坊
------------------------------------------------------------------------
中国北京を中心に活動を広げる、胡弓、琵琶、竹笛など中国古来の民族楽器でポピュラーミュージックを奏でる女性ユニット“女子十二楽坊”のアルバム、今週で連続1位記録10週達成の超ロングランヒット中。その勢いはまだまだ衰えそうにない。日本のヒットチャートを賑わせたおなじみの楽曲も多数収録したこのアルバムで、話題のグループとなっている。プロモやライブ映像などを収録したDVD付きだ。【曲目】奇跡 自由 世界に1つだけの花 香格里拉 五拍(Take Five) 川の流れのように ほか

(Phile-web編集部)