≪CEATEC2003≫PCとAV両方での活用を提案するDVD-RAMパビリオン

2003年10月08日
「AVとPCの両分野で活用できるメディアネットワーク」としてのDVD-RAMディスクの特長をアピールする展示内容だ
●RAMプロモーショングループ(RAMPRG)と記録型DVD会議(RDVDC)の参加企業を中心に、DVD-RAMディスクの優れた特徴を紹介するDVD-RAMパビリオンが公開されている。本ブースでは、「AVとPCの両分野で活用できるメディアネットワーク」としてのDVD-RAMディスクのパフォーマンスを前面に打ち出したプレゼンテーションを展開している。

ブース前面では解説員によるDVD-RAMディスクを使ったデジタルエンターテインメントの魅力をイベント展示によりわかりやすく紹介している。DVD-RAMに直接記録が可能なビデオカメラで撮影した映像を、DVD-RAMに対応するDVDレコーダーやドライブで編集し、大画面ディスプレイでたのしむという一連の流れを実演紹介する。また会場ではDVD-RAMディスクの全種類が並び、最新のレコーダー、ドライブを一同に展示している。

[ceatec2003report]

(Phile-web編集部)