≪麻野勉のCEATECレポート≫地上デジタル放送まもなくスタート!

2003年10月07日
<左>各社の対応テレビがずらりと並び、試験放送を体験できる <右>PCカード型のデジタルラジオ受信機も展示。PCの画面上で文字放送やイメージが閲覧できる
●地上デジタル放送とBSデジタル放送の全てがわかる「BSも地上も!みるみるデジタルプラザ」開設。12月1日から関東、中京、近畿の各広域圏で開始される地上デジタル放送への関心が高まる中、NHKとJEITA共催で大デモンストレーションが開催されている。

各電機メーカーの主力フラットワイドTVをズラリと並べ、自由に体験できるコーナーや、BSデジタル放送各局の現在放送中の映像デモコーナー、地上デジタル放送在京5局とNHKによる試験電波のデモ映像コーナーなどが設置されている。

さらにその周囲には受信相談カウンター、5.1ch体験ブース、そして10月10日から実用化試験が始まるデジタルラジオブースなどが設置され、係員に質問を浴びせる来場者が途切れず、否応なしに放送開始への盛り上がりの手応えが伝わってくる。

特に質問者が多かったのはデジタルラジオのブースで、その特性や用途などへの質問が多く、知名度がまだまだ低いことを痛感。次いで資料を求める来場者が多かったのが、地上デジタルテレビ放送の受信エリアで、12月1日開始時、04年末時点、05年末時点での目安が地図表示されたパンフが配られた。自分はいつから受信可能か、というのが最も重要というわけだ。

幕張メッセの広い展示物の一番奥、ホール1で是非放送エリアの確認をしてみては。
[ceatec2003report]

(麻野勉)