≪CEATEC2003≫三洋はXactiとデバイスを中心に展開

2003年10月07日
大量に展示されていた「Xacti」
●三洋ブースは、先日発表されたSDデジタルムービーカメラ「DMX-C1」を大々的に展開。実際に手にとって撮影が行え、多くの来場者が体験していた。

また、平面テレビ「VIZZON」シリーズ、液晶プロジェクター「LP-Z2」などもしっかりと展示。特に「LP-Z2」は、専用の暗室を設けて画質をしっかりと確認できたほか、壁に掛けた本体から投射された光を、鏡で反射させて投映する新発想の設置スタイルもデモされていた。

デバイスでは、主に携帯電話やPDAに使用する有機ELディスプレイが、細かなサイズ違いでズラリと展示されており、注目を集めていた。また、斜めスリットを施したメガネ不要の3Dディスプレイも数多く置かれ、ゲームや動画、静止画、CGなど、様々なソースを3D表示していた。

HDDボイスレコーダーとAVプレーヤーを統合した参考出品モデル「HDDR-M1P」にも注目だ。20GB HDD、3.5インチ液晶を搭載している。SDメモリーカードスロットを装備し、WMA/MP3の再生が可能なほか、JPEG静止画・WMV動画の再生も可能。マイクロソフトが提唱する新規格「Windows メディア・トゥー・ゴー」に対応させることを目指しており、Windows CEベースで動作させている。現状ではメディア・トゥー・ゴーの仕様が固まっていないため、特に同規格ならではの機能は盛り込まれていない。

[ceatec2003report]

(Phile-web編集部)